Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

最北の霧深き島アンスト


[スポンサーリンク]

Ann Cleeves, Thin Air (Macmillan, 2014)

 

 イギリス最北の島といえばシェトランド諸島だ。スコットランドの北東にある。

 だが、そのシェトランド諸島の中でも最北に位置するのがアンスト島。本書はそのアンスト島を主たる舞台とするミステリ。書いたのは、シェトランド・シリーズで知られる英国の女性作家アン・クリーヴズ(Ann Cleeves, 1954年生まれ)。

 そのシェトランド・シリーズの最新作(2014)が本書、Thin Air だ。前作から加わった女性警部ウィロー・リーヴズが、シリーズの主人公ジミー・ペレス警部の上司として捜査を指揮する。

 ミステリの発端は、アンスト島で開かれる結婚祝賀パーティ。南のイングランドから若者3組がやってきて、そのうちの1組の結婚を祝う。ところが、そのパーティの夜、新婦付添いの女性役をつとめた友人女性が行方不明になる。捜索の結果、変死体で発見される。

 霧深い夜に行方が分からなくなり、捜索は困難をきわめたところから、このミステリ全体に濃霧のような謎がたちこめる。島の人間関係の複雑さと、そういう霧深い自然環境とが相まって、一種独特のミステリを作り上げる。犯人は外から来たイングランド人なのか、それとも現地の島民なのか。謎はページを追うごとに深まる。

 ペーパバックで400ページを超す長編だけれど、まったく飽きさせない、サスペンスあふれる物語は、これまでのクリーヴズ作品と変わらない。読み終わるのが惜しいくらいの気持ちに読んでいるとなるけれど、最後の1日の緊迫した展開には息もつかせぬ迫力がある。また、前作で仄めかされた、ペレス警部とリーヴズ警部のロマンティックな雰囲気は本作の隠し味になっている。また、本作では島の伝統文化、特に謎の伝説が大きな鍵を握るので、そうした面に関心ある人にはたまらないだろう。

 シェトランド・シリーズの全6作は次の通り。

  1. Raven Black (2006) 『大鴉の啼く冬』(創元推理文庫、2007)
  2. White Nights (2008) 『白夜に惑う夏』 (創元推理文庫、2009)
  3. Red Bones (2009) 『野兎を悼む春』 (創元推理文庫、2011)
  4. Blue Lightning (2010) 『青雷の光る秋』 (創元推理文庫、2013)
  5. Dead Water (2013) 『水の葬送』 (創元推理文庫、2015)
  6. Thin Air (2014) (未邦訳)

 原書で読む人のために少しメモ。邦訳版の冒頭に附いているような親切な登場人物表がない。記憶するか、自分で覚書を作るしかない。

 ぼくは電子書籍で読んだ。登場人物等を忘れた時はいつでも検索ですぐに探すことができる。Kindle などで読むと便利だ。

 

広告を非表示にする