読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

'Sean-Nos Cois Locha' (CD)


[スポンサーリンク]

2006年2月に CIC が出したシャン・ノース集 CD Sean-Nós Cois Locha をレビューする。

  • VA: Sean-Nós Cois Locha -- Rogha Sean-Nós Milwaukee 2003-2005 (CIC CICD 162, 2006)
  • rating: ***
  • sound quality: **
  1. Áine Uí Mhuineacháin (Nan Chamais) [ó Chinn Mhara, Conamara]: Tá na Páipéir dhá Saighneáil
  2. Virginia Stevens [ó California]: A Chailín Scoth na Luachra
  3. Lillis Ó Laoire [ó Ghort an Choirce, Co. Dhún na nGall]: An tSeanbhean Bhocht
  4. Síle Shigley [a tógadh i Hong Kong]: An tOileán Úr
  5. Seosaimhín Nic Rabhartaigh [ó Thír Chonaill]: Dónall Ó Maoláine
  6. Meaití Jó Shéamuis Ó Fátharta [ón Lochán Beag, Conamara]: An Caiptín Ó Máille
  7. Bridget Fitzgerald [ón Lochán Beag, Conamara]:
  8. Kathy CowanChicago]: The May Morning Dew
  9. Navan [grúpa ó Madison, Wisconsin]: Faill ill ó / Do Chrochadh a Thoill Thu Mhàiri
  10. Máirín Uí Chéide [ó Leitir Móir, Conamara]: Caisleán Uí Néill
  11. Moire Smiley [ó Vermont]: Dóin Dú
  12. Brían Ó hAirt [ó Saint Louis, Missouri]: An Buachaillín Bán
  13. Julie Henigan [ó dheisceart Missouri]: Thíos i dTeach an Tórraimh
  14. Jimmy Crowley [ó Chorcaigh]: Idir Corcaigh is Dúglas

内容

 2003年から毎年二月、米国ミルウォーキーで開かれているシャン・ノース祭のこの三年の録音から代表的な歌を集めたもの。代表的な選集とは言えるが必ずしもベストとは言えないと、ビル・ケネディが指摘していたが、その通りかもしれない。

総評

 米国人でもこれだけシャン・ノースが歌える人がいることを世に知らしめる点では価値がある。それも、コナマラ(風)の歌が多く、CIC ではこれをコナマラの歌に分類している。もちろん、ドニゴール・アイルランド語で歌うリリス・オリーレやマンスターの発音を用いるブライアン・ハートらもいる。

 ショーケースとしては意味があるが、最近のシャン・ノースをめぐる IRTRAD-L での熱く長い議論に応えるだけの質があるかどうかは疑問がある。まず、それぞれの歌い手のベストがここに集められているとは言い難い。つぎに、音質が万全でない。私のところだけかもしれぬが、低音域にゴロゴロいうノイズが聞こえる。

 ただし、良い点も多い。主催者の一人、ハートによる解説がすばらしい。彼は米国とアイルランドとをつなぐシャン・ノース界の若きホープである。ゴールウェー大で研究した。さらに、Navan のメンバーという意識しかなかった Síle Shigley が意外な好演をしている。また、アイルランド語詩歌の韻律論ではいまや世界有数の権威といえる Virginia Stevens の歌声が聞けるのも珍しい。

 

広告を非表示にする