Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

神聖な眠りにおちる主婦


[スポンサーリンク]

池澤夏樹『眠る女』(impala e-books, 2014)[電子書籍版]



 夫の赴任先の米国とおぼしき家。夫をおくりだした妻は突然の眠りにおそわれる。

 その眠りは離陸ではあるけれど、空へではなく、海の底へ向かうような旅であった。

 向かう先は島。島の中で自分は白い衣をまとって踊っている。なんのために。不明のまま、おどること、歌に耳をかたむけることが、至上の幸福感をもたらす。

 この眠りの旅を三日間つづけた主婦はいったい、どんな存在になるのか。

 時空をこえた旅、沖縄とおぼしき習俗の神秘。

 かすかにノロの記憶。沖縄のことばでうたわれる時間が、まるで現実のことのように読者にも迫ってくる。

 そう、ここにはふしぎな現実感があるのだ。でも、これは今の現実ではないということも、同じくらい確かな現実感がある。

 なんといえばいいのだろう。この文体の流れるような雰囲気は。

 これを読んで、はじめて池澤夏樹という人が少し理解できたような気がする。

 短い作品だけれど、印象に深く残る。

 島の伝承に関心が深まり、文学で可能となる時空の神秘に思いをいたす。


〔本書を評者は Yondemill 版で読んだが、多くの電子書店で入手可能。書店の一覧は次のところにある。

http://www.impala.jp/e-books/nemuruonna.html


池澤夏樹『眠る女』(kobo版) 108円

広告を非表示にする