Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Johnny I Hardly Knew Ye


[スポンサーリンク]

〔蔵出し記事 20040117〕

 伝統歌の 'Johnny I Hardly Knew Ye' の歌詞について。

 

Johnny I Hardly Knew Ye (lyrics)

While goin' the road to sweet Athy hurroo hurroo
While goin' the road to sweet Athy hurroo hurroo
While goin' the road to sweet Athy
A stick in me hand and a drop in me eye
A doleful damsel I heard cry
Johnny I hardly knew ye.

With your drums and guns and drums and guns hurroo hurroo
With your drums and guns and drums and guns hurroo hurroo
With your drums and guns and drums and guns
The enemy nearly slew ye
Oh my darling dear Ye look so queer
Johnny I hardly knew ye.

Where are your eyes that were so mild hurroo hurroo
Where are your eyes that were so mild hurroo hurroo
Where are your eyes that were so mild
When my heart you so beguiled
Why did ye run from me and the child
Oh Johnny I hardly knew ye.

Where are your legs that used to run hurroo hurroo
Where are your legs that used to run hurroo hurroo
Where are your legs that used to run
When you went for to carry a gun
Indeed your dancing days are done
Oh Johnny I hardly knew ye.

I'm happy for to see ye home hurroo hurroo
I'm happy for to see ye home hurroo hurroo
I'm happy for to see ye home
All from the island of Sulloon;
So low in flesh so high in bone
Oh Johnny I hardly knew ye.

Ye haven't an arm ye haven't a leg hurroo hurroo
Ye haven't an arm ye haven't a leg hurroo hurroo
Ye haven't an arm ye haven't a leg
Ye're an armless boneless chickenless egg
Ye'll have to put with a bowl out to beg
Oh Johnny I hardly knew ye.

They're rolling out the guns again hurroo hurroo
They're rolling out the guns again hurroo hurroo
They're rolling out the guns again
But they never will take our sons again
No they never will take our sons again
Johnny I'm swearing to ye.

 

(大意)
1. アーイーへ向かう途中で、ハルー、ハルー
  手には杖を、眼には涙をためて、アーイーへ歩く途中で
  憂いに沈む娘が [ぼくの姿を認め] すすり泣く
  「ジョニー、あなただとは分からなかったわ」

2. 「太鼓と銃を携えたあなたを」ハルー、ハルー
  「敵は半殺しにしたのね
  「ああ、いとしいあなた、すっかり変わってしまったわ
  「ジョニー、あなただとは分からなかったわ」

3. 「あなたが私の心をとりこにしたときの」ハルー、ハルー
  「あの優しい目はどこへ行ったの
  「どうして私と子どもをおいて行ったの
  「ジョニー、あなただとは分からなかったわ」

4. 「戦場で銃をとろうと出征するとき」ハルー、ハルー
  「駆けるようにして行ったあなたの足はどこへ行ったの
  「もう踊ることもできないのね
  「ジョニー、あなただとは分からなかったわ」

5. 「[でも] 帰ってきてくれてうれしいわ」ハルー、ハルー
  「サルーン島からはるばる帰ってきたのね
  「これほど肉が削げ、骨ばった姿で
  「ジョニー、あなただとは分からなかったわ」

6. 「あなたは腕もなく、足もない」ハルー、ハルー
  「腕もなく、足もなく、鶏もない卵のようになってしまったのね
  「物乞いをしなくては生きていけないわね
  「ジョニー、あなただとは分からなかったわ」

7. 「また、人々は [戦争をしようと] 銃をくり出している」ハルー、ハルー
  「けれど二度と息子たちを行かせやしないわ
  「行かせるもんですか
  「ジョニー、絶対にそうよね」


(註釈)

 今回は Digital Tradition のテクストを用いました。
 6連の

  腕もなく、足もなく、鶏もない卵のようになってしまったのね

は、説明が必要です。腕もなく、足もない、まるで丸い卵のような姿になったということですが、言葉の遊びで chickenless を加えたと思います。

 5連のサルーン島は、セイロンのことだと言われています。

 19世紀初頭、アイルランド軍がインド東部の兵役についた頃のバラッドだという説もあります。Ceylon は英語ではうしろにアクセントがあり、シラーンのように聞こえるかもしれません。おそらく、Sri Lanka の英語訛りの形なのでしょう。

 この〔1連の〕 Athy とは何かということですが、地名でしょう。一番の候補はアイルランドはキルデア県の地名です。この町の頁も参考になります。アイルランド語では

Baile Átha Í

です。〔英語の発音はアサイで、'eye' や 'cry' と押韻。〕

〔メモ: 町名 Athy の名は、2世紀の族長の名 Ae に由来(11世紀の説も)。Ae は同地の川(River Barrow)の渡り場で殺されたという。アイルランド語名は「イーの渡り場(イーが渡った浅瀬)の〔あった〕町」 'town of (the) ford of Ae' の意。綴り 'ae' は現代アイルランド語では /e:/ の音になる。〕

広告を非表示にする