読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧


[スポンサーリンク]

〔蔵出し記事 20040203〕

 旅に水は欠かせない。ニューズエージェンシーやスーパーに寄れば必ず調達したが、小さな店だとスティル(炭酸なしのふつうの水)が売切れていることがあった。そういうとき、スパークリング(炭酸入り、イタリアで言うアックア・ミネラーレ・ガッサータ)のほうは残っている。別にそれほど不都合があるわけではないけれど。

 水といえば、「いのちの水」という意味のアイルランド語 uisce beatha は英語のウィスキーになった。英語のウィスキー(アイルランドと米国では whiskey、スコットランド[とブリテン]では whisky)の語源はもとは whiskybae で、ゲール諸語との対応がよく見えていた。この語源は別の綴りで usquebaugh でこちらのほうが Gaelic の姿がよく見える。そういえば、ラテン語起源の aqua-vitae は錬金術師たちが強い酒を指すのに使った言葉だそうだ。

広告を非表示にする