Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Auld Lang Syneを唄おう


[スポンサーリンク]

 The Acoustic Music Archive というサイトがある。

 フォーク・ソングをギターを弾きながら唄おうというサイトだ。歌詞とギター・コード、音源がそろっている。

 歌についての簡単な説明、コード進行で注意すべきことなどが書いてあり、ギターがあればすぐに唄えるようになっている(もちろん、コードが出せる他の楽器でも)。

 伝統歌や現代の歌などが集められている。アイルランドの伝統歌もある。

Auld Lang Syne

 ここでは 'Auld Lang Syne' を唄ってみよう。日本で〈蛍の光〉の題でおなじみのスコットランド民謡である。ロバート・バーンズが収集した形がよく知られる。

www.acousticmusicarchive.com

 スコットランドの歌い手 Dougie MacLean が唄っている。随所にスコットランド英語(Scots)が出てきて、好きな人にはたまらないだろう。ぼくはドゥーギー・マクリーンが唄うのを英国で見たことがある。凄まじい人気だった。

歌詞

 ふつうは一番だけを唄う。伝統的には大晦日の真夜中と同時に唄い出す。

コードは非常に単純なので、すぐ覚えられるだろう。

 一番の歌詞を見る。

Should auld acquaintance be forgot,
And never brought to mind?
Should auld acquaintance be forgot,
And auld lang syne?

 スコットランド英語の解説。

  • auld: old
  • lang: long
  • syne: since, ago (lang syne=long ago)

 コーラス部分。

For auld lang syne, my dear,
For auld lang syne.
We'll tak a cup o' kindness yet,
For auld lang syne.

 スコットランド英語の解説。

  • tak=take (タックと発音)
  • o'=of

 これだけだ。「旧友を忘れ去るべきだろうか。古い昔を忘れてよいものだろうか」という単純な歌詞だけど、切ない旋律と相俟って、旧年への別れ、人との別れ、卒業式などにジーンと来るものがある。

スコットランド英語

 スコットランド英語を調べるときは次のオンライン辞書が便利。

Dictionary of the Scots Language :: Home

 なお、伝統的バラッドにはよくスコットランド英語が使われている。

Robert Burns

f:id:michealh:20150820142912j:plain

[source]

Robert Burns: Alexandria Burns Club Information on the Scottish Poet

 

関連記事

michealh.hatenablog.com

michealh.hatenablog.com

michealh.hatenablog.com

広告を非表示にする