Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

エラハタス(2004)の入賞者と賞金額


[スポンサーリンク]

 エラハタスの 公式サイト11月祭(開催地はドニゴールのレタケニー)の入賞者一覧が発表されています。

 賞金額を見ていると、最高額はやはりオ・リアダ杯(シャン・ノース歌唱の男女無差別最高峰)一位で、1300ユーロです。今年は一位と二位とをドニゴールが占めたということで、ドニゴール万歳の年になってます。アイルランド語の伝統芸術では最高の栄誉と言えます。
 既に本ブログで速報しましたが、一位はガロージーン・ヴラナハで、二回目の受賞です。あと一回取って、ジョシー・ヒョーン・ジャックと並ぶ、名実ともに最高峰に達してほしいものです。なお、三回オ・リアダ杯を獲得すると、もう出場できなくなります。これ以上はないステータスに達したと看做されるのでしょう。ジョシーは先日、TG4 の対談番組に出て、相変わらずの素晴らしい喉を聞かせていました。
 二位は名シェフとしても知られるラナファストのブリアン・オ・ドーナルでした。この人には近くで歌ってもらったことがあります。めちゃめちゃいい声です。一度は彼のレストランに行って舌鼓を打ってみたいものです。この人のレストランは語学教材になるくらい有名です。

 ちなみに、シャン・ノース歌唱の男女の部のそれぞれ一位賞金は400ユーロで、オ・リアダ杯とはえらい格差があります。なお、女性の部の一位はダブリン県の出身です。珍しいことのように見えますが、実はエラハタスはかつてはダブリンで開催されていました。こういう風に力のある人がダブリンにもいる可能性があります。

 シャン・ノース・ダンスはと見てみると、これが一位賞金は700ユーロです。競技としては第15種目で、アイルランド語では 'Rince Aonair ar an Sean-Nós' (古式によるソロ・ダンス)と言います。今年は一位がカスラの男性で、二位はレチル・モールの女性でした。どちらもゴールウェー県です。

広告を非表示にする