Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

世界のアイルランド語話者 (7) Donegal and Connemara


[スポンサーリンク]

 (承前アイルランド語の流暢な話者はここにいるのとの問いかけ。死語なんか学んでなんになるのかとのゲスト発言。それに対し強烈な一発。世界中に数百万人の話者。サンフランシスコの話者。19世紀後半-20世紀初頭の米国の話者の多さ。旅行前にアイルランド語を学習したい。)
 旅行前のアイルランド語学習の希望に対しては、まず、そんなこと心配しなくてよいという Martin Ryan さんの返事。

In fairness, it would be quite unusual to end up in a town in Ireland, small or otherwise, where only Irish was spoken! Don't worry about it.

 ところが、すぐに Jim McCallan さんが別の返事。

Though in fairness also, I have been in some communities, especially in Donegal, and Connemara, where if the people didn't have to speak English, they wouldn't.

 この Jim さんの言うのは全く本当のこと。ぼくも経験したことがある。
 すると、Martin もすぐにそのことは認める。

Is fíor sin, gan dabht.

Le meas

 この人のアイルランド語はたぶん習い覚えたアイルランド語だな。*1(つづく)

*1:That's true, without a doubt. Respectfully. なお、母語話者と習得話者との区別は勘。前者はちょうど英国英語のようであり、後者は米国英語のよう。つまり、後者は文法的にすっきりと解けすぎる。理屈を超えたような表現が殆どない。

広告を非表示にする