読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

聴取録 Maire Ni Cheochain, 'Cu-cu-in'


[スポンサーリンク]

 ムースクリー(マスケリー)の歌唱伝統を知るのに恰好のシャン・ノース CD Cú-cú-ín をレビューする。

f:id:michealh:20151231165323j:plain

目次

データ

  • Máire Ní Cheocháin: Cú-cú-ín (Acamhadh Fodhla 2, 2006)
  • rating: *** 1/2
  • sound quality: ***
    dlúthdhiosca 1
  1. Cú-cú-ín
  2. Cití na gCumann
  3. An Gamhain Geal Bán
  4. Bun Ros na Coille
  5. An Goirtín Eornan
  6. An Cóisire
  7. Dónall Óg
  8. An Habit Shirt
  9. An Chúil Duibhré
  10. Do Thugas Grá Cléibh Dhuit (Thugas Grádh)
  11. Maidin Luan Cásca
  12. An Cailín Aerach
  13. Sail Óg Rua
  14. An Spealadóir
  15. Seal do Bhíos
  16. "Ó Hí, Ó Hí", Deir a Bhó (Ohí Ohí)
  17. An Bínsín Luachra
  18. An Díleachtaí Fáin
  19. Dá bPósfainn Bean Rua
  20. An Seanduine (Bog Braon)
  21. Gog, Gog

dlúthdhiosca 2

  1. An Chúilfhionn
  2. An Gamhnín Bán (An Gamhainín Bán)
  3. Cois Abhann na Séad
  4. Seáinín dá bhFaigheadh
  5. Caitlín Triail
  6. Aililiú mo Mháilín
  7. Eibhlín, a Riúin
  8. Ná Beadh Buachailín Deas age Síle
  9. Baile Mhúirne
  10. A Mháire Bhán Óg
  11. Seo Leó Thoil
  12. Ceol Arsa 'n tAsal
  13. Deirín Dé
  14. Seán Buí 'n Píobaire
  15. A Mháire Ní Laoghaire
  16. Fáinne 'n Lae
  17. Cailín a' Chúil Chraobhaigh
  18. Úna Bhán
  19. Aonach Bhearna na Gaoithe
  20. Casadh an tSúgáin
  21. An Dord Féinne
  22. An Raibh Tú ag an gCarraig
  23. Gog Gog Ceol

内容

  1951 年のエラハタス(アイルランド語芸術年次大会)で金賞を獲得した大歌手の初のアルバム。二枚組に 44 曲を収める。エラハタス金賞とは、現在のエラハタスのオリーアダ杯に相当する、シャン・ノース歌唱の最高賞。当時のマンスター特にムースクリー地域の歌唱伝統を今に伝える非常に貴重な選曲。恐らくマンスター・アイルランド語話者向け。

総評

 万人向けの盤ではない。向くのは次のどれかに該当する場合に限られるだろう。

一、マンスター・アイルランド語文化に関心がある人。

一、特にクール・エーの文化に関心がある人。

一、エリーシュ・ニフーラウォーンの歌い方が好きな人。

一、シャン・ノース歌唱史やエラハタス史に関心がある人。

一、マンスターの歌唱伝統に関心がある人。

一、二十世紀中葉のアイルランド語文化に関心がある人。

 いずれにしても、アイルランド語だけの資料でも構わない人でなければ、本 CD には取付く島もない。英語話者のことは全く念頭にない感じがする。けれども、努力して接近するだけの価値はある歌の宝庫である。これほど優しい歌声のアルバムはめったにない。たとえば、1枚目のトラック 20 'An Seanduine (Bog Braon)' をポードリキーン・ニウーラホーンの歌いかたと比較すれば、ポードリキーンがややぞんざいに思えてくるくらい。モーィラの心の籠めかたは歌い手の鑑だ。

 1925年、モーィラ・ニヒョハーンはクール・エーに生まれ、同地で育った。モーィラが過ごした家は、のちにショーン・オリーアダ夫妻の暮らす家となる。ショーンの息子パーダルが本 CD をプロデュースし、一文を寄せている。モーィラは十代後半にして既に歌い手として高名であったと。彼女が歌の宝庫であることはコレクターたちには夙に有名で、例えば、アラン・ローマックスとシェーマス・エニスが収集した World Library of Folk and Primitive Music -- V. 2: Ireland にも 1 曲収められている(Cois Abhainn na Séad)。彼らの伝統音楽調査が敢行されたのが、1951年、即ちモーィラがエラハタス金賞を獲得した、まさにその年のことである。つまり、彼らはその時アイルランドで最高の歌い手の歌を記録していた。これを歴史に残る偉業と言わずして何と言おう。ニコラス・カロランがこのローマックス盤の復刻に狂喜したのは当然である。同アルバムではモーィラは Maire Keohane とも表記されている。

 ただ、歌い手にもやはり華のときがある。当時はモーィラは二十代後半、ちょうどラーサリーナが売出した年頃だ。歌い手として乗りに乗っている時だ。この歌 'Cois Abhainn na Séad' は本 CD にも収められてはいるが、金賞獲得後、半世紀も立てば、高音が少々出なくなったとしても誰が責められよう。

 それよりも、齢八十にして、なおも中音域の輝きで聴き手を魅了する、現役のシャン・ノース・シンガーであられることを、寿ごうではないか。そんな気がしてくる。アイルランドで歌を大事にする人々は、こういう歌い手をこそ大事にする。

聞きどころ

 じっくり耳を傾けるべき曲は多いが、一曲だけ挙げろと言われれば、'An Seanduine' (Bog Braon)。

 もう一曲挙げてよいなら、'A Mháire Ní Laoghaire'. これは、ショーン・オリーアダ(オリアダ)の不朽の名著 Our Musical Heritage の第一章に例示されている歌である。願わくは、モーィラ全盛時の声で聞きたいが、それが叶わぬならこれを。オリーアダは次のように書き、シャン・ノースが到達しうる究極の姿と絶賛する。

Another West Cork singer, Máire Ní Cheocháin of Baile Mhúirne, has an excellent voice, and her style is generally faithful to the regional tradition, although not without occasional irregularities. Her version of the ... song, 'A Mháire Ní Laoire ó Bhéal an Chéama', is highly sophisticated and extremely complex and shows the extent to which the sean-nós can develop. (Seán Ó Riada, Our Musical Heritage, 1982, p. 39)

 ここに書かれている通り、この種の歌は極めて精緻で複雑な構造を有する。断じて「鼻歌」などでもなく、個人の愛唱歌レベルのものでもない。その背後に隠された音楽的構造の洗練は、オリーアダのような分析を経て一部が明らかにされている。シャン・ノースの歌はアイルランドの歌唱芸術の中で、いや世界の歌唱芸術の中でも最高度の洗練を有する。その洗練を聞取るには、聴く側にも備えが必要である。1998年2月18日、リムリック大学アイルランド世界音楽研究所は、モーィラと、その娘で歌い手(本 CD でも一部で聞ける) Gobhnait とを、シャン・ノースの催しに特別ゲストとして招いた。同研究所は、エリーシュ・ニフーラウォーンを特別研究員として招くなど、マンスターのシャン・ノース研究では先駆的立場にある基幹研究機関である。

 なお、1枚目トラック1(タイトル曲) 'Cú-cú-ín' はモーィラのレパートリーで最も有名な歌である由。モーィラ自身の解説によると、この歌は対話詩(agallamh beirte)とも言えるという。実は、対話詩の分野ではクール・エーの辺りが全愛で最も有名で、毎年のエラハタスの同分野競技会では圧倒的に強い。

 もう一曲、どうしても触れておかねばならぬのが、上に挙げた 'Cois Abhainn na Séad'. この有名な曲については項を改めて簡単に比較する。

 シャン・ノース歌唱に関心がある人なら全員が持っていると思われる Amhráin ar an Sean-Nós (RTE CD 185, n.d.) にも1曲 'An Cailín Aerach' (1959年の録音)が収められている。これは全盛期の声と考えてよい。同アルバムの解説で Ian Lee は、モーィラの歌唱は、方言の差を別にすれば、コナマラの最高の女性歌手を想起させると書いている。このアルバムは各地のゲールタハト(アイルランド語使用地域)の最高のシャン・ノース歌唱の例を集めたものであり、モーィラの歌唱は中でもずば抜けている。この歌は本 CD にも収められている。

入手先、試聴

 ダブリンの Claddagh Records で入手、試聴できる(検索で 'Ceocain' と入力)。
 また、マスケリー在住のパダル・オリーアダのところでも入手できる。なお、パダルのところでは歌詞の本附きの版も手に入る。パダルはショーン・オリーアダの息子で音楽家。

映像

 歌唱映像ではないが、モーィラが話している映像を見ることができる。Agallaimh na hÉigse のビデオ第一巻の最後のほう(58分くらい)のところに、モーィラが出てくる。想像通り、矍鑠たる話し方である。このビデオは三巻物で、アイルランド語の対話詩歌の実例とコメントとを集めたもの。Comhlachas Náisiúnta Drámaíochta が発行している。

 

広告を非表示にする