Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Brad and Song


[スポンサーリンク]

ジャズ・ピアニスト、ブラッド・メルドーBrad Mehldau)の インタヴュー を読んでいて、面白い言葉に出会った。彼のプレーを振り返ってみると成程と思う(source: All about Jazz, Los Angeles)。

aaj LA: You empathize with ballads. On Anything Goes, "Nearness of You." How do you approach a ballad?


BM: Often I'll have a version that I love. In the case of "Nearness of You," I've always been nuts over a recording of Bird playing it with the Woody Herman Band on a record I have called Bird With the Herd. More often, I know a version with a singer and listen to how he or she phrases the melody. I get a lot from vocalists that I love - Billie Holiday, Dinah Washington, Frank Sinatra - the way they phrase the melody. Often the mere attempt to make the piano phrase like a human voice can point you in an expressive direction: the impossibility of achieving vocal effects on the piano - a long sustain, vibrato, and the like - is a given, but if you have that as an ideal, you can communicate a certain longing in your phrasing.

つまり、ある種の歌曲をプレーする場合に、声を長く伸ばしたりヴィブラートをかけたりといった、人間の声の効果をピアノにおいて再現するのは無理であること(the impossibility of achieving vocal effects on the piano - a long sustain, vibrato, and the like)を知りつつそれを理想として掲げてピアノを弾くというのだ。これは何となく分かる。キース・ジャレットも時々そうしているのじゃないかと感じる。ピアノのキーを横に震わせたりしているしね。


考えてみると、よいアーティストは、こういう再現不可能性を知りつつ永遠にそれに挑み続ける種類の人間ではないかと思う。

広告を非表示にする