Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Irish Music (mid-1960s)


[スポンサーリンク]

 前回、歌とダンスとの混交まで見ました。引続き Rambling House をたよりにします。1962年頃からアイルランド周辺の状況がビートルズやディランの登場によりダイナミックに動き始めます。

With the success of The Dubliners and the Clancy Brothers, dozens of groups emerged using a formula based on ballads and instruments. Some might include good dance music. The venue shifted from folk clubs and dance halls to the new, larger pubs.


With a string of hits from 1962 onwards, The Beatles demonstrated the appeal of harmony to a young audience. Also in 1962, Bob Dylan, taking the folk route to stardom, released his first album Bob Dylan. Peter, Paul & Mary's Blowing in the Wind, with its neat harmonies, received regular airplay on Radio Eireann. In 1965 Donovan from Scotland entered the British charts with folk idiom songs like Catch the Wind and Universal Soldier.


In Ireland a new generation grew up ready to accept folk as another idiom like blues, R&B or jazz. Electric guitarist Henry McCullagh, for instance, played for a period in Sweeney's Men.

 いよいよ、われわれが親しんでいる現代のアイルランド音楽の前夜まで来た感じです。上の文章で注目すべきポイントは三つ。

 (1) バラッドと楽器(とダンス曲)という組合せが多くのグループを生んだ

 (2) ハーモニーがかっこいいと思われた(← ビートルズPPMの影響)

 (3) 「フォーク」がそれまでのブルーズ、R & B、ジャズと並ぶイディオムとして受け入れられた

 目立たないけれど、この第三項はきわめて重要。フォークが一イディオム(音楽の表現形式)となったということは、それまでと違い、伝統音楽の素養は必要ないということを意味します。いわば、大学の軽音サークルでポップを選ぶかフォークを選ぶか程度の違いしかないわけです。ただ、上の文章では触れられていないものの、ディランとその背景にある歌のメッセージは、それはそれできちんと受止める若者も、もちろん、アイルランドにいました。(つづく)

広告を非表示にする