Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

SACD とフォーク <コメント> <追記>


[スポンサーリンク]

アイルランド語無伴奏歌の再生をめぐってあれこれ考えていると、どうも現行の CD や (Hi-)MD などの周波数域に限界を感じてくる。本当は声はもっと上まで伸びているのではないか。ライヴを体験すればするほど、CD との音質の乖離に愕然とする人はむしろ増えているはず。いわば、現状は 20kHz のところでリミッターをかけられているような状態なのだ。(ただ、アイルランド語の声に限っていうと、生の声が聞ける所は世界中でもごく僅かしかないから、どうしても録音の比重が高くなる。)


もし、この推測が正しければ、その上まで伸びているフォーマットを考えるのも意味のないことではない。そこで、一つの候補は SACD。ところが、これがフォークやアイルランド物は殆ど出ていない。状況はこれから変わるのだろうか。話は違うが、スミソニアンFLAC で配布しているタイプの物は元は LP のはずだから、周波数計測をしてみれば面白い結果が出るかもしれない。


以下、調べた限りの SACD のリスト(フォーク、トラッド関連)。

  • Rounder からは10枚出ている。内4枚はAlison Krauss。
  • Linn からはスコティッシュ・フォークで1枚出ている。Mackenzie & William Jackson: Notes From A Hebridean Island サンプルでも恐ろしく高域が伸びて音がよい。
  • Chieftains: The Long Black Veil
  • Natalie Macmaster: In My Hands
  • Moya Brennan: Two Horizons

あと、ブリテンの名ギタリスト、マーティン・シンプスンの民族音楽寄り(?)の物が SACD で出ている。ほかにも探せばまだあるかもしれない。


<追記>
そうそう、肝腎のことを書くのを忘れてました。ぼくの最近の方針は<高音質を安価で>という無茶苦茶なものです。ですから、高級オーディオ派とは違いますので、念のため。ぼくの場合の<高音質>の定義はアイルランド語の子音が聞取れることという、非常にささやかなものです。上の Linn 盤について、とんがりやまさんからコメントをいただき、ますます興味が出てきました。さらに、beeswing さんからもコメントをいただきました。それで想いだしたのですが(脈絡不明)、三井徹さんの退官記念論文集『ポピュラー音楽とアカデミズム』(音楽之友社)が今月末に出ます。よい仕事をされている皆さんに感謝の日々です。

広告を非表示にする