Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

V. A.: Toally Traditional Tin Whistles


[スポンサーリンク]

 題名通り、アイルランド伝統音楽のティン・ホィッスル演奏集。

 V. A.: Toally Traditional Tin Whistles (Ossian OSSCD53, 1991)

 全16曲。うち、特にこのために録音されたフィンタン・ヴァレリの4トラックを除いて、10枚のアルバムから選曲されたコンピレーション・アルバム。その10枚のアルバムのうち、7枚は Ossian レーベル (OSS 3, OSS 8, OSS 13, OSS 20, OSS 24, OSS 26, OSS 28)で、残りは Topic 12TS377、Topic 12TS422、Folkways の《Trad. Music of Ireland 2》 (番号不明)。調べていないけれど、このなかには入手困難な盤もあるかもしれない。

 ところで、そのヴァレリのトラックがとびきりいいので、他のトラック音源を全部持っている人でもちょっと悩ましいかもしれない。
 ヴァレリといえば、The Companion to Irish Traditional Music 等の著作でも有名な1949年生まれのフルート奏者。寡聞にして彼の演奏の録音はあまり知らないが、ともかくここで聞けるホィッスルは一聴の価値はある。やっている曲は <The Dear Irish Boy/My Love in the Morning>、<The Hen and Her Brood/The West Wind/Jenny's Chickens>、<The Musical Priest/Trim the Velvet>、<Sixpenny Money/Páidín O'Raftery> の四曲。

 他にも名演奏揃いだが、特に耳を惹くトラックを挙げれば、Michael Tubridy の <Patsy Mack/My Love in the Morning/An Chearc ar Fad is an Anairthe>、Cathal McConnell の <Biddy from Sligo/The Sunset/People's> などなど。ほかに、Willie Clancy、Miko Russell、Josie McDermott、Festy Conlon らのしぶい演奏が目白押し。ただ、すべて伝統的な演奏法で、伴奏などはほとんどなく、あるとしてもジューズ・ハープとのデュオなど、いぶし銀のようなものばかりである。

 なお、ぼくが入手したのは白地に緑の羽一本という簡素なジャケットのものだが、写真に掲げたのは現在のカヴァー。

広告を非表示にする