Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Lumiere, 'Special Edition'


[スポンサーリンク]

Lumiere, Special Edition (Sony, 2010)

 

 美しい歌声の二人組。

 アクースティック・ギター(Donogh Hennessy)を中心とする簡素で趣味のよい伴奏で、二人が時に一人で時にデュオで唄う。

 その歌声はまっすぐで、ためらいがない。気持ちよいくらいに素直な唄い方だ。バッキングで深い低音が供給されており、その上空で美しい歌声が天から降るように聞こえてくる。

 この低音から高音までのバランスの素晴らしさは高音質のオーディオ装置であればあるだけ、その真価を発揮するだろう。

 Lumiere の一人は Pauline Scanlon. ソロ・アルバムも2枚ある。もう一人は Éilís Kennedy. 彼女もソロでも活躍している。

 選曲は英語の歌が多いが、アイルランド語の歌も3曲入っている。これがえも言われず素晴らしい。そのうちの1曲 'Cá Rabhais ar Feadh an Lae Uaim' は映画 There Are No Goodbyes (2013)のサウンドトラックにも使用されている。

 2曲で男声が加わる。'The West's Awake' では Damien Dempsey, 'Óró mo Bháidín' では Séamus Begley が加わり、美しい歌がより美しく響く。

 いま美しいと書いたが、'The West's Awake' の場合は哀切の美といったほうがいいだろう。この詩を書いたのは Thomas Davis (1814-1845) だ(青年アイルランド党 'Young Ireland' の中心人物の一人)。アイルランドの愛国詩として有名な作品をいくつか書いている。

 

トラック4 'The West's Awake' (The National Concert Hall でのライヴ)


Lumiere - The West's Awake, Live @ The National ...

 

広告を非表示にする