読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

彫刻のメタフィジクス


[スポンサーリンク]

高村光太郎ミケランジェロの彫刻写真に題す」

 

 高村光太郎ミケランジェロを論じて宇宙論に至る文章。

 詩人にして彫刻家の高村光太郎には「(私はさきごろ)」というミケランジェロの宗教を論じた文章がある。

 これが宗教論としてはいかにも独断的で説得力にとぼしく、いささかがっかりさせられるのだが、彼にこれほどの独断をさせたのは、ミケランジェロのいったい何であろうかと、むしろそのことのほうが気になった。

 そこで、正面からミケランジェロの彫刻を論じたこの文章を読んでみた。結果は、彼の確信の底にある宇宙観のようなものに突き当たり、ある程度、得心した。

 小説を論じるときにメタフィクションという観点がある。文芸批評の分野ではフィクションについてのフィクション、あるいはフィクションの性質を論じるフィクションのことをいう。

 それに類した言い方をすれば、高村のここでの議論は、ミケランジェロから出発して、メタスカルプチャ(彼のことばでは「高次の彫刻」)を論じたものだ。

 それは最後には人類のレベルに達し、さらに星の世界にまで向かう。短いが熟読に値する。

 

 

広告を非表示にする