読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

2005年のシャン・ノース Amhranaiocht ar an sean-nos i 2005

sean-nos アイルランド

[スポンサーリンク]

〔蔵出し記事 20051231〕

 2005年、生で見たシャン・ノースの歌い手は百二十名を超す。これほど多くのシャン・ノース歌唱を生で聴く機会に恵まれたのは2005年が初めてである。シャン・ノースつながりで言うと、生で見たシャン・ノース・ダンスの踊り手は二十名ほど。

 私が見たシャン・ノースの歌い手をすべて挙げることはできないけれど、印象に強く残る歌い手を少しだけ記しておく。

  • Ciarán Ó Con Cheanainn, Saile Thúna (Co. na Gaillimhe)
  • Doimnic Mac Giolla Bhríde, Carraic (Tír Chonaill)
  • Bríd Ní Mhaoilchiaráin, Carna
  • Róisín Elsafty, Foxborough Glade (Co. Átha Cliath)
  • Máirín Uí Chéidigh, Dorchester (USA)
  • Antaine Ó Faracháin, Bóthar Emmet (BÁC)
  • Éamonn Ó Donnchadha, Laimbé (Co. na Mí)
  • Mairéad Ní Oistín, An Trá Bháin
  • Pádraig Ó Flatharta, Coill Sáille (Co. na Gaillimhe)
  • Dara Bán Mac Donnchadha, An Aird Thoir


 ここで、少々、驚くべきデータを記す。シャン・ノース歌唱の年次最高賞「オ・リアダ杯」獲得者リストをながめると、1970年以降、マンスターからは一人しか出ていない。にわかには信じられない話だけど、これが真実である。近年の同賞獲得者は殆どすべてコナマラかドニゴールである。

 その1970年度獲得者とはだれか。それが、Seán de hÓra である。彼の歌はショーン・オ・リアダに深い印象を与えたという。彼が1970年のエラハタスで唄った 'An Brianach Óg' を聴きながら、マンスターの歌唱伝統に想いを馳せたい。

f:id:michealh:20151210220704j:plain

Seán de hÓra, Ó Chorca Dhuibhne (Tape) [CIC 016] 〔現在は入手はほぼ不可能〕

 


Seán de hOra - Bean Dubh an Ghleanna - 1980

〔珍しい動画。唄う際に人と手をつなぐのはシャン・ノース歌唱ではよくある〕

広告を非表示にする