Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Sean O Riada: 'Ceol an Aifrinn agus Aifreann 2'


[スポンサーリンク]

Sean O Riada, Ceol an Aifrinn agus Aifreann 2 (Gael Linn ORIADACD02)

 

 ショーン・オ・リアダのミサ曲 'Ceol an Aifrinn' と 'Aifreann 2' とが一枚の CD に収められ Gael Linn レーベルから燦然とリリースされている。燦然というのは、アルバムのパッケージ全体が金色に光り輝いているからである。両曲の楽譜もスキャンされて PDF ファイルで収められている。

 長い間カセット・テープで聞いてきて、ミサ曲1の楽譜も飽くことなく見てきたが、ミサ曲2の楽譜は入手困難だった。やっと古書店で入手したところへ、CD 化のニューズが飛込んできて発売を心待ちにしていた。

 音質は今回リマスターされて格段によくなった。附属の PDF ファイルは多くの人にとって朗報だろう。

 今回、最大の驚きは、ミサ曲2の 'An Salm: Maífead Thú, a Thairna' (トラック17)を若き日の Iarla Ó Lionáird が唄っていると分かったことだ。さらに、トラック15の 'Kyrie eleison, An Ghóir' をイアルラの(たぶん)弟の Páidí Ó Lionáird が唄っていることも判明した。これらのことはすべて、附属冊子でパーダル・オ・リアダが詳しく書いている。

 思えば、イアルラは2005年の11月のエラハタス最終日、全欧にテレビ中継されたショーン・オ・リアダのミサでも、同じくパーダルのオルガンで唄っていた。かたわらにはキョールトーリー・フアランの連中もいて、素晴らしい演奏をミサに捧げていた。中でも、ショーン・ポッツのホィッスルは絶品だった。私にとって、このオ・リアダ・ミサにあずかれたことは、忘れ得ない思い出である。

 

広告を非表示にする