Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

飛行機に関する(意外な)豆知識104篇


[スポンサーリンク]

エアライン研究会『飛行機に乗るのがおもしろくなる本』(扶桑社、2007)

 

 素材としてはいいものを集めている。飛行機に乗る人が日頃感じるちょっとした疑問や大きい疑問など、(意外な)事実を幅広く収集した本だ。これで編集がしっかりしていれば文句なく薦められるのだが。

 この本を読んでいると、あれ、これ前にも読んだようなという既視感におそわれることが二度、三度とある。情報の重複が非常に多く、もう少し関連するものはひとところに集めて読みやすくしてほしいのだ。

 一つ一つの情報はいいのに、ぶつ切りで並べられ、読み物としてはきわめて読みにくい。参照用の図書として使うほうがいいかもしれない。しかし、その場合でも、もうちょっと整理統合すれば全体の分量は3分の2くらいになりそうに思われる。

 この本で知った興味深い事実を少し挙げておこう。

  • 旅客機の乗り降りが左側なのは船にならったから
  • トイレに行く狙い目は食後酒のサービス開始前か到着告知前
  • 「ロングフライト血栓症」(以前は「エコノミークラス症候群」と称した)はファーストクラスでも起こる
  • エアコンが壊れても機内を最低でも5度には保つ機能がある
  • 航空路は主にVOR(超短波全方向式無線標識)を結んだ道でできている

 なお、Kindle 版で読む場合は、気になる情報をマークしておけばマーキングの一覧の形で簡単に参照することができる。

 

〔下の書影は2014年刊のアップグレード版〕

広告を非表示にする