読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

季語とキーワード haiku, keyword


[スポンサーリンク]

〔蔵出し記事 20031212〕

「世界俳句」という語がある。俳人夏石番矢さんがその主唱者のひとり。

夏石番矢さんの文章(2000年6月)

季語は、世界的視野の中では必ずしも必要とされない。そこで、短く音楽性のある、端的で膨らむ力を持つ短詩作品が、重要となる。俳句がとらえる認識と思想の深さと厚みが勝負となる。

 そこで、季語に代わり登場するのが、キーワード。かくして、旧来の「有季定型」(季語をともなう、五七五の定型詩型)ではなく、いわば「キーワード短詩」が登場することとなる。

未来より滝を吹き割る風来たる (夏石番矢、未来)
にのぼりあざやかあざやかアフリカなど (阿部完市、木)

 実例である。俳人名のあとはキーワード。ここから生じる音楽性とはいかなるものか。詩における音楽性とはリズムが第一であるから、まずは音節数がベースになる。しかし、各国語となると、それぞれに事情が違う。

 以上、沼野充義さんの書評〔毎日新聞、2003年12月7日〕に触発されて。

 

広告を非表示にする