読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

ミシェル・ラリの歌声をフランキー・ガヴィンの音が包む

CD

[スポンサーリンク]

Michelle Lally, If This Be Love (Tara, 2006)

f:id:michealh:20150917145019j:plain

 

 おそらく、このアルバムの隠れファンは多いのではないかと想像する。

 ミシェル・ラリの天性の美声をこの上なく豊かな音で包みこんである。その豊かな美しさはアイルランド語ならガラーンタ galánta(英語の gorgeous に当たる)としか言えないような種類の贅沢なものだ。

 ところが、驚くことにこのサウンドを作り出しているのはたった三人である。いかにフランキー・ガヴィンの音楽的ヴィジョンが優れていたとしても、これは驚きだ。

 通して聞くと、しかし、主人公は、歌い手でもミュージシャンでもなく、これらの歌たちであるという気がする。これはすぐれてアイルランド的な考えで、作り手、歌い手、弾き手よりも、何よりも、歌そのもの、詩歌をこそ、尊ぶという姿勢がアイルランドには綿々とある。

 収められているのは名曲ぞろい。中でもトラック2 'The Lark in the Clear Air' (Sir Samuel Ferguson の詩、曲は伝統曲)は出色のでき。Tim Edey のギターが光る。

 それから、もう1曲挙げるなら、トラック10の名曲中の名曲、Jimmy MacCarthy の不朽の名歌 'Ride On' も、クリスティ・モアとはまた違った味わいで、歌詞がよく味わえる。

参加アーティスト

  • Michelle Lally (vo)
  • Frankie Gavin (fiddle, fl)
  • Tim Edey (g)
  • Eugene Kelly (all other instrumentation)

 

広告を非表示にする