読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

ライヴならではの味わいがすばらしいダーヴィッシュ2枚組


[スポンサーリンク]

Dervish, Live in Palma (Whirling Discs WHRL004, 1997)

 

 ダーヴィッシュのいい面が多く収められた2枚組ライヴ。
 スタジオ盤 At the End of the Day でかつてヴェーセンと共演した曲 'Josefin's Waltz' のライヴならではの味わいもすばらしい。録音も秀逸。

 収録曲――

  1. Packie Duignan's
  2. Spailpín Fánach
  3. Slip Jigs
  4. Sheila Nee Iyer
  5. The Trip to Sligo
  6. The Hungry Rock
  7. Ar Éirinn ní neosfainn cé hí
  8. Molly and Johnny
  9. The Green Mountain
  10. I Courted a Wee Girl / Josefin's Waltz
  11. Drag Her round the Road
  12. Máire Mhór
  13. I Buried Me Wife and Danced on Top of Her
  14. The Hills of Greanmore
  15. The Worlds End
  16. Peata Beag
  17. Pheigín mo Chroí
  18. Jim Coleman's
  19. Edward by Lough Éirn's Shore
  20. Killavil Jigs
  21. Aililiu na Gamhna

 参加アーティスト――

  • Cathy Jordan (vo, bodhran)
  • Liam Kelly (fl)
  • Shane McAleer (fiddle)
  • Brian McDonagh (mandola, g)
  • Shane Mitchell (accordion)
  • Michael Holmes (bouzouki)

 評価―― ★★★

*1

 ベスト・トラックは 'Pheigín mo Chroí'。
 長旅から帰った夫がベッドの妻の横に長身の男を発見する場面からはじまる愉快な歌。本盤には歌詞はついていないので、この歌の歌詞を、下に書取っておく。

 この歌は夫パダルと妻ペギーンの対話の歌である。パダルが男性名で、英語の Peter に対応。ペギーンというのが女性の名で、英語の Peggy に対応する。

 キャシーはしばしば 'mo gcarad' と歌っているように聞こえるが、本来はこの部分は 'na gcarad' (定冠詞属格複数+男性名詞属格複数)という常套的表現が使われる。文法的には破格と思うが、これも伝承であろうか。
 また、食事をこしらえてくれという第四連はふつうのヴァージョンではペギーンに向けたことばだが、キャシーはパダルに向けている。このままだと、ずいぶん横着な妻ということになる。それ以降も、ペギーンとパダルを入替えれば初めて話の辻褄が合う。
 第六連の 'mo' はせめて 'do' に変えないと話がおかしい。こういうふうに男女の名がいつのまにか入替わったヴァージョンが伝わったのか、キャシーが間違えて覚えたのか。しかし、興味深いことに、第八連は一応辻褄の合う歌詞になっている。なお、この歌詞からだけでは分かりにくいが、この歌の背景には興味深い物語がある。

 

Pheigín mo Chroí

 

A Pheigín mo gcarad, is a Pheigín mo chroí
Cé hé an fear fada úd sínte leat síos?
O hó, hó mhaithín hó, a hó mhaithín ó, a Pheigín mo chroí.

A Pheadair mo gcarad, is a Pheadair mo chroí
Sin é do mhaicín nach bhfaca tú riamh.
O hó, hó mhaithín hó, a hó mhaithín ó, a Pheigín mo chroí.

Shiúil mise thoir agus shiúil mise thiar
Is féasóg ar leanbh ní fhaca mé riamh.
O hó, hó mhaithín hó, a hó mhaithín ó, a Pheigín mo chroí.

A Pheadair mo gcarad, is a Pheadair mo chroí
Éirigh 'do sheasamh 'gus réitigh greim bia.
O hó, a Pheadair mo chroí.

A Pheigín mo gcarad, is a Pheigín mo chroí
Níl ins an teach an greim mine buí.
O hó, hó mhaithín hó, a hó mhaithín ó, a Pheigín mo chroí.

A Pheadair mo gcarad, is a Pheadair mo chroí
In íochtar mo mhála tá cáca mine buí.
O hó, a Pheadair mo chroí.

A Pheigín mo gcarad, is a Pheigín mo chroí
Tá an cáca seo lán do ghineachaí buí.
O hó, hó mhaithín hó, a hó mhaithín ó, a Pheigín mo chroí.

A Pheadair mo gcarad, suífimid síos
Ná fhág as an baile chúns mairfaidh mé arís.
O hó, a Pheadair mo chroí.

A Pheigín mo gcarad, is a Pheigín mo chroí
Cé hé an fear fada úd sínte leat síos?
O hó, hó mhaithín hó, a hó mhaithín ó, a Pheigín mo chroí. (3x)

   As sung by Cathy Jordan (transcribed by Micheál H).

 

(大意)
[1] いとしいペギーン、愛するペギーン、
おまえの横に寝そべっている、その背の高い男はだれだ。
ああ、愛するペギーン。

[2] いとしいパダル、愛するパダル、
それは、初めてお会いになるでしょうけれど、あなたの息子よ。
ああ、愛するペギーン。

[3] おれは東へあるき、西へあるいてきた。
が、あごひげをはやした子どもなぞ、見たこともないぞ。
ああ、愛するペギーン。

[4] いとしいパダル、愛するパダル、
立って、何か食べるものを作って。
愛するパダル。

[5] いとしいペギーン、愛するペギーン、
家にはひき割りトウモロコシの食べ物はないぞ。
ああ、愛するペギーン。

[6] いとしいパダル、愛するパダル、
私の袋の底にひき割りトウモロコシの菓子がある。
愛するパダル。

[7] いとしいペギーン、愛するペギーン、
菓子には金貨がいっぱい入っている。
ああ、愛するペギーン。

[8] いとしいパダル、愛するパダル、
すわりましょう
もう二度と、家を出て行かないで
愛するパダル。

[1] の繰返し。


The Unwanted,Rick Epping,Cathy Jordan,Seamie ...

 

*1:評価は五つ星を最高とする尺度によっており、星の数による意味は、「 良い点をさがすのが困難」 「★★ かなり良い」 「★★★ 第一級(年間ベスト・アルバム・クラス)」 「★★★★ 群を抜いてすばらしい、すごい、数年に一枚出るか出ないかのクラス」 「★★★★★ 大傑作、不朽の名盤、その分野の古典と呼ばれるに値する」です。つまり、通常、「最高」と呼ばれるようなものは三つ星です。

広告を非表示にする