Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

心変わりしてしまった恋人を唄う'Loving Hannah'


[スポンサーリンク]

Bill Jones, Panchpuran (Brick 002CD, 2001)

 

 2枚目にして確乎たる地位をきずきあげた若きフォーク・アーティスト。プロデュースをカレン・トウィードがおこなっており、その結果いくつもの興味深いことが起きている。
 ひとつは、フィンランドのティモ・アラコティラが弦楽四重奏の編曲を 2 曲でおこなっていること。

 もうひとつは、ジャズのシャンティ・ポール・ジャヤシンタ(ザ・ザパティスタス)がチェロとフリューゲルホーンで参加していること。このあたりの人脈はカレンとティモの傑作アルバム《メイ・マンデー》と重なる。

 収録曲――

  1. William Taylor 
  2. The Tale of Tam Lin 
  3. The Barley and The Rye
  4. Panchpuran
  5. Silver Whistle & Low Down in the Broom
  6. Rocking the Cradle
  7. The Hexham Lad & The Blackleg Miner
  8. Loving Hannah
  9. Tuney Song Set
  10. Stór Mo Chroí
  11. Goin' Back

 参加アーティスト――

  • Bill Jonees (vo, acc, whistle, p)
  • Coope, Boyes & Simpson (vo)
  • Keith Angel (perc)
  • Kathryn Tickell (fiddle)
  • Kellie White (vo)
  • David Wood (g)
  • Shanti Paul Jayashinta (cello, flugelhorn)
  • Jacey Bedford (vo)

 ベスト・トラックは 'Loving Hannah'.
 本盤には歌詞はついていないので、この歌の歌詞を下に書いておく。何度も聞くうちに覚えてしまったもので、別に特に聞取ったものではない。
 よく似た歌詞の歌に、'Going to Mass Last Sunday' がある ('Courting is a pleasure between my love and I ...')。
 心変わりしてしまった恋人ハンナへの思いをつづる男性の歌。
 なお、いうまでもないが、ビル・ジョーンズのビルはベリンダ(女性)の愛称である。
 深刻な歌のはずだが、暗さより、むしろほろにがいユーモアすら感じとれる。「目がきょろっとしたので心変わりしたと分かったのさ」というのがおかしい。もちろん、浮気心を表現する常套句ではあるのだが、何度も繰返し歌われると、思わずほほえましくさえなってくる。しかし、ことによると、ユーモアは隠れ蓑で、それだけ、失恋の痛手は深いのかもしれない。
 ビルの歌、ピアノ、ホィッスル、どれをとってもすばらしい。

 評価―― ★★★☆

(評価は五つ星を最高とする尺度によっており、星の数による意味は、「 良い点をさがすのが困難」 「★★ かなり良い」 「★★★ 第一級(年間ベスト・アルバム・クラス)」 「★★★★ 群を抜いてすばらしい、すごい、数年に一枚出るか出ないかのクラス」 「★★★★★ 大傑作、不朽の名盤、その分野の古典と呼ばれるに値する」です。つまり、通常、「最高」と呼ばれるようなものは三つ星です。)

 

Loving Hannah

 

I went to church one Sunday
My true love passed me by
I knew her mind had altered
By the roving of her eyes
By the roving of her eyes
By the roving of her eyes
I knew her mind had altered
By the roving of her eyes.

My love she's fair and proper
Her hands are neat and small
And she is quite good-looking
And that's the best of all
And that's the best of all
And that's the best of all
And she is quite good-looking
And that's the best of all.

Oh Hannah, loving Hannah,
Come give to me your hand
You said if you were to marry
That I would be the man
That I would be the man
That I would be the man
You said if you were to marry
That I would be the man.

I'll go down by the river
When everyone's asleep
And think of loving Hannah
And then lay down and weep
And then lay down and weep
And then lay down and weep
And think of loving Hannah
And then lay down and weep.

  As sung by Bill Jones (transcribed by Micheál H).


Bill Jones - loving hannah.mp4 - YouTube

 

広告を非表示にする