Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

ピアス(Pearse)の文章を音読する


[スポンサーリンク]

 語学の達人に聞いた二つの方法。

michealh.hatenablog.com

 簡単にまとめると、

  1. 音読のときに同時に意味が頭に入ってくるようにする。
  2. これはという文章を1段落、覚えてしまうまで読む。

こういうことなのだが、ぼくは実はこの2つをまとめてやっている。方法は簡単で

  • 1段落の文章を音読し、覚えこむ。

というものだ。音読の際に意味が完全に頭に入っているようにする。

ピアスの文章

 この例としてピアス(Pádraic Pearse, Patrick Pearse)*1の文章を一段落。

Bhí sean-Mhaitias ina shuí le hais a dhorais. An té ghabhfadh an bóthar, shíleadh sé gur dealbh cloiche nó marmair a bhí ann — sin nó duine marbh — mar ní chreidfeadh sé go bhféadfadh fear beo fanacht chomh ciúin, chomh socair sin.

 このアイルランド語が直読直解で暗誦されるまで読む、という単純作業だ。短篇小説「イーサガーン」 'Íosagán' の冒頭の一節。何度も熟読に値する、美しい短篇。英愛対訳版が便利だ。Kindle 版も出ている。ただし、紙冊体だと見開きの対訳(左に英訳、右にアイルランド語原文)なのに、Kindle 版だと英訳が先にきて、アイルランド語原文が本の後半にくる。そういえば、Kindle で見開き対訳のような形式のを見たことがない。何とか実現してほしい。

 

*1:アイルランドの詩人、作家。復活祭蜂起の指導者。ダブリンのピアス駅はピアス家にちなむ。

f:id:michealh:20150827175103j:plain

広告を非表示にする