Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

不世出の歌い手の遺した伝統歌の研究書


[スポンサーリンク]

Ciarán Ó Con Cheanainn, Clár Amhrán Mhaigh Cuilinn (Comhairle Bhéaloideas Éireann, 2011)


 伝承歌の宝庫、アイルランド西部はゴールウェー県のマー・クィリン(英名モイカレン)の歌を約400篇、収集し、分類し、それぞれの異版等も収めつつ冒頭の詩行を示し概略をまとめたもの。Cnuasach Bhéaloideas Éireann (本書で CBÉ と略す)の資料を用いている〔National Folklore Collection at University College Dublin〕。

 テーマは人生の各方面にまたがる。愛、賛辞、宗教、政治、等々。

 この種の歌目録はアイルランド各地のものがいくつか出ているが、知る限りでは本書は最も浩瀚なもの。各種索引も充実して、683ページある。

 まとめた人、キアラーン・オコンヒャナン(Ciarán Ó Con Cheanainn)は伝統歌の世界でアイルランド一の称号(Corn Uí Riada)を得た歌の名人だけれど、それをとった翌年、伝統歌に関する博士論文を完成させる直前にわずか27歳の若さで世を去った。

 この夭折の天才の研究方面の仕事はまだあまり世に出ていないが、本書はそのうちの貴重なひとつである。

 ぼくはこの人から2曲の歌をおそわったけれど、いまだにそれを憶えている。その歌は収められていないけれど、ここには1930年代から40年代に収集された多くの貴重な歌がある。いまではほとんど聞かれない珍しい歌が少なくない。伝統歌は唄われなくなれば、存在しないも同然である。ひとつでも、また伝統の河に投げもどされんことを。


広告を非表示にする