Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

アイルランドの地名の基礎知識が得られる本


[スポンサーリンク]

Deirdre and Laurence Flanagan, Irish Place Names (Gill & Macmillan, 2002)


 アイルランドの地名辞典はいろいろ出ているけれど、今のところ、冊子体ではこれを超えるものはないと思う(一般向きの手ごろな本として)。

 ただ地名を調べるためだけならば、オンラインの logainm.ie に当たれば、大抵の場合ことがすむだろう。けれども、そのサイトはある程度の基礎知識がないとなかなか使いこなせない。

 そのようなサイトをバンバン使うために、もっと基礎から地名のことを包括的に知りたい場合には、本書はうってつけである。

 二部構成になっており、前半は地名を構成する語根や語幹に当たる要素の説明、後半は個別の地名(約3,000箇所)について書かれている。

 フィロロジーをやっている人の中に固有名詞研究(onomastics)をやっている人はいるが、アイルランド語の地名の研究をしている人は、まあ珍しいといっていいだろう。

 なぜ地名が大事かというと、多くの場合、そこから歴史や文化の一端が浮かび上がってくるからだ(古くは地名伝承を扱う文学ジャンル〔ジンシャナハス dinnseanchas〕すらある)。その観点からすると、前半の地名構成要素に関する記述が圧倒的におもしろい。

 アイルランドに関心のある人はいろんな角度から地名に接するだろう。たとえば、セット・ダンスが好きな人なら Moycullen set を踊ったことがあるかもしれない。なかなか覚えがいがある、おもしろいセットだ。この Moycullen は地名 Maigh Cuilinn の英綴りである。アイルランド西部ゴールウェーの西にある村の名。

 あるいは、伝承歌の宝庫としての Moycullen の歌をあつめた浩瀚な書、Clár Amhrán Mhaigh Cuilinn を愛読している人があるかもしれない。

 そんな人がふと、この地名はどんな意味なんだろうと思ったとき、本書をひもとけば、「ヒイラギの野」の意であること、数ある「野」が附く地名のうち、植生が規定するタイプの地名であることが、見出し語 'magh/má' の項を読めば、判るのである。

 コークで一番好きな書店(Líam Ruiséal Teo., 49/50 Oliver Plunkett St., Cork, Ireland)で購入。


広告を非表示にする