Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

古アイルランド語の辞書


[スポンサーリンク]

アイルランド語の辞書について、電子篇では eDIL の名前を挙げながら、紙媒体篇では名前を挙げなかった。重要でないと思ったからではなく、その逆に、とてつもなく重要な辞書なのだけど、あまりにも専門家向きなので挙げなかったのだ。だけど、そこまで関心のある人のために少しだけ補足。

紙媒体にしろ電子版にしろ、DIL (Dictionary of the Irish Language) はパッと引いてすぐ使えるかと云えば、そうとも限らない。原因は見出し語にある。どの見出し語を引けば目的の情報に達することができるかが判りにくいのだ。

アイルランド語の語彙が殆どぜんぶ頭の中にあるような人は別にすれば、たいていの人は現代アイルランド語の語彙に相当する古アイルランド語の単語を探し求める。そこには実はギャップがあり、両者は一致しないことが多い。

それを埋めてくれる本がある。Innéacs Nua-Ghaeilge (Acadamh Ríoga na hÉireann, 1981) で、この本を開けば現代アイルランド語と古アイルランド語の語形の対照が一目で判る。古アイルランド語の語形が空欄であれば、両者は全く語形が同じだということ。

例えば、cách などは現代アイルランド語と古アイルランド語とで語の形が同じだ。先日、ある所でこの語を含む歌のことを教えてくださる方があったときに、ハッとした。意外に古いものが現代に生き残ってる。


広告を非表示にする