Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

XD-LP9300 と UTF-8 <追記> <追記2>


[スポンサーリンク]

やっと、カシオの電子辞書 XD-LP9300 を入手。一番気になる ODE はやはり現下の英語辞書の中でかなり優秀であり信頼できることを確認。本機には2003年版が収録されている。で、この辞書を含め、収録されている複数の辞書に対して、例文検索、成句検索ができるのは便利。ただ、その際に単独の辞書なら使えるワイルドカード(「?」「~」)が使えないのは痛い。


本機では任意のテクストファイルを PC から USB 転送して読むことができる(Windows 用のソフトを使用)。青空文庫を推奨していたので早速松平維秋さんの文章をと思ったが、現在はテクスト形式のものはダウンロードできないようだ。代わりに、鏡花の「紫陽花」をダウンロードし、転送。季節に合っているためか、この小さな(といっても結構でかいが)機械で全部読み終えられた。


気になるアイルランド語を含むテクストの実験を行う。UTF-8 (BOM なし)のファイルを送ってみたが、やはりと言うべきか、文字化けして正常に読めない。残念。アイルランド語辞書のテクストファイルを作って転送することも考えていたが、これはちょっとお預け。


一つびっくりしたのが、アルゴリズムによる合成音声。英語において単語はもとより例文でも結構まともに再生する。音量のつまみに白線でも入れてくれればよいのだが、設定位置が分からないため、イアフォンのときの音量の切替に苦労する。


それにしても、ジーニアス大英和は O' の意味に「son of の意味を持ち」はないだろう。そんな意味はないって。これじゃ、ジーニアス英和と同じでは。こうやって堂々と同じ間違いを広められるのは困る。ジーニアス系統は使用者が少なくないだろうに。OED でも ODE でも、正確な記述があるので一度は参照してほしい。ある語彙や用例がないことはどの辞書にでもあることだから仕方ないけれど、はっきりとした間違いを正しい定義のように書き続けることは残念。日本にいる O' 姓の人は抗議すべきだ。


<追記>
外部テクスト読込みの面白さと本機への要望について こちらのブログ で少し書きました。


<追記2>
アイルランド語の姓名における O については、基本的なことだけ、すでに本ブログで解説しているので、興味のある向きは参照していただきたい。

  1. アイルランド語の姓名における O (1)
  2. アイルランド語の姓名における O (2)
  3. アイルランド語の姓名における O (3)
  4. アイルランド語の姓名における O (4)
  5. アイルランド語の姓名における O (5)
広告を非表示にする