Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Feile Chois Cuain 2005


[スポンサーリンク]

このフェスティヴァルはノー・チェックだった。

よくあるアイルランド伝統音楽のフェスティヴァルのように見えるが、そういう側面もありながら、よく見るとシャン・ノース関連の充実度が凄い。


クラスの最初に歌のクラスが並べてある。

  • Ballads: Colm O'Donnell
  • Sean-nós: Meaití Jó Shéamuis / Jimmy Ó Ceannabháin


さらに、4月30日(土)の夜のコンサートが凄い。顔ぶれは

  • Johnny Mháirtín Learaí
  • Máire Ní Choilm
  • Meaití Jó Shéamuis
  • Cáit Nic Suibhne
  • Jimmy Ó'Ceannabháin
  • Nollaig Nic Aindri
  • Ciarán Ó'Con Cheannainn
  • Traolach Ó'Conghaile
  • Antaine Ó'Faracháin

これだけ見られて、入場料は400円(3ユーロ)! うーん、近くなら絶対に行きたい。今年は無理だが(涙)。だって、来週ですもん。ま、行けないけど、来年以降のための覚書として。


ところで、上の写真の船にまつわる歴史上の話はメーヨー略史の次の箇所などが参考になる。

It was in this last campaign, in 1576, that the remarkable 'sea-queen' from the shores of Clew Bay, Gráinne Ní Mháille (variously anglicised Granie ny Maille, Grace O'Malley, Granuaile, etc.) first makes her appearance in history, offering the services of her galleys and two hundred fighting men to Lord Deputy Sidney. But within two years Gráinne's second husband, Risteard an Iarainn - a Burke, and claimant to the MacWilliamship - was in revolt; his rebellion simmered on until 1582, when the new Lord Deputy, Sir Nicholas Malbie, recognised him as MacWilliam, and later knighted him.

この Granuaile はよく伝統歌などの題材になる女傑、海の女王。こういうところに想いを馳せると、今はそういう意識がアイルランド人自身にも薄いらしいが、アイルランドはやっぱり海洋国家なのだなあ。ボブ・クィンの言うところは当たっているかもしれない。

広告を非表示にする