Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

La Fheile Padraig


[スポンサーリンク]

アイルランド守護聖人聖パトリック(パトリキウス)の祭日3月17日(セント・パトリックス・デー)のことはアイルランド語で Lá Fhéile Pádraig という。
灰の水曜日(アイルランド語で Céadaoin an Luaithrigh)である今日から復活祭までは犠牲と断食の日々である四旬節の期間。今年の復活祭は3月27日。ということは、セント・パトリックス・デーはその期間中にある例外的な日ということになる。
Irish Independent 紙の2月9日付のトップ記事見出しは 'The party's over for Sinn Fein' となっていて、目を引く。何だろうと思って読んでみると、ブッシュ米大統領がセント・パトリックス・デーホワイトハウスでの祝賀会にシン・フェーン党を招かないことにしたという内容である。明日木曜日にも公式報告書が発表されるが、12月のノーザン銀行強奪事件は IRA の仕業とされることは確実である。それを受けての締出しというわけだ。
ところが、さらに興味深いことに、シン・フェーン党だけを締出すのはいかがなものかという苦情を受けて、紛争のもう一方の当事者、つまり連合論者(ユニオニスト)諸政党(SDLPやDUPなど)も締出すことにしたらしい。変な喧嘩両成敗。この両者が3月17日のパーティに顔を出さないのは十年以上なかった例外的なこと。在米アイルランド系米人の反応やいかに。
結局、パーティに出席するのはアイルランド政府の代表者だけになるらしい。
記事は こちら (たぶん購読手続(無料)が必要)。記事の PDF 版は こちら

広告を非表示にする