読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Sean-Nos in the USA (9) Brian Hart

sean-nos

[スポンサーリンク]

 (承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。情報源。デトロイトの Virginia Stevens。モンタナの Alice。ニューヨークのシンガーズ・サークル。シカゴ在住の至宝 Aine Meenaghan。)
 すぐれた歌手はすぐれた歌手をうむ。
 前回、Aine Meenaghan に触れたからにはその弟子ともいえる、セントルイスの Brian Hart に触れざるを得ない。彼こそは、米国シャン・ノース男性歌唱のホープである。現在、リムリック大学で伝統音楽修士課程在学中。
 《An Lochin》 というアルバムを出しているが、そのアルバムの収録曲を含め、いろんな曲が Cantaria で試聴できる。2002年の All-Ireland Fleadh ballad singing competition で一位になった。米国人で初、しかも最年少(24歳)という記録だったらしい。このタイトルはかつて Joe Heaney や Frank Harte が取ったもので、そこに生粋のアメリカ人が名を連ねたということは快挙と言うほかない。(つづく)

広告を非表示にする