Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Sean-Nos in the USA (3) Three Styles


[スポンサーリンク]

 (承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。)
 例えば、ノヴァスコシア(カナダ南東部の州)では土地柄スコットランドゲール語がさかんとしても、ボストンにくればそれはアイルランド語になる。*1
 そういう経験をした Cliff McGann さんの推薦盤はなかなかよい。三地方のシャン・ノース歌唱を代表する盤を一枚づつ挙げたもの。

  • Seán 'ac Dhonncha: 《An Spailpín Fánach》 (コナマラ)
  • Lillis Ó Laoire: 《Bláth Gach Géag dá dTig》 (ドネゴール)
  • Diarmuid Ó Súilleabháin: 《Bruach na Carraige Báine》 (マスケリー)

 当然のことながら、米国にもこの三種の流儀はそのまま受継がれていると思われる。(つづく)

*1:いま書いているのはアイルランドスコットランド系移民の共同体周辺の話

広告を非表示にする