Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

The Solomon Key (ブラウンの次作)


[スポンサーリンク]

先頃、The Da Vinci Code の Special Illustrated Edition が刊行されたが、著者のダン・ブラウンニューハンプシャーの自宅にこの数ヶ月籠って次作を書いている。そのタイトルがこのほどポロッと漏れてきた。
The Solomon Key というのがその題で、引続き Robert Langdon が登場する。主たる焦点は Freemasons で、米国の首都ワシントンそのものが大いに関連すると言われている。米国の書店 Barnes and Noble では次作出版告知サービスを始めた。


〔追記〕
白夜書房の編集担当の方から、この次作に関連する本の情報をいただいた(下記コメント参照)。私も下にコメントを書いたが、書き漏らしたことを追記。
◇ 第1章15頁 「数ある中の‥‥一つ」これはラテン語の解釈としては誤りで、正しくは「多数からできた一つ」(one out of many)。
◇ 第1章23頁 最後の行 前0世紀 → 前10世紀
◇ 第1章25頁 「秘説・アメリカの宿命」 これは誤りとは言えないけれど、アメリカ史のキーワード "Manifest Destiny" をひねったものであるのは明らか。
 それにしても、この第1章を読むだけでも、ブラウンの次作についての十分すぎる「予習」になりそう。貴重な本の情報に感謝します。

広告を非表示にする