Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Aon Focal Eile


[スポンサーリンク]

 アイルランド友の会メールマガジンで Mitzi さんが 《Aon Focal Eile》 というCD中の歌について質問をし、タイトル及び歌詞の 'Aon focal dar, focal two, focal eile' はどういう意味かということでした(10月9日付)。以下、何かの参考になればと思い、私の考えを書きます。

 まず、aon focal eile はアイルランド語としては 'another word' の意味です。'aon ... eile' は英語の 'another' に相当します。

 問題は歌詞のほうです。アイルランド語と英語とがちゃんぽんになっています。しかも、3つ目の単語 'dar' がこのままでは意味を成しません。

 おそらく、次の 'focal' の頭の子音の影響で 'dara' という語の最後の母音 a が消失したのでしょう。ところで、この 'dara' という語は定冠詞が附いて 'the second' とか 'the other' という意味になります。

 したがって、'Aon focal dar, focal two, focal eile' は同じような意味の句を3つ並べたものということになります。英語で言うと 'another word' を連呼していることになります。

 場面としては、なかなかアイルランド語の「もう一語」が出ない生徒に、教師が「もう一つアイルランド語が出ないの」と促しているような雰囲気の言葉です。この生徒たちはおそらく、ふだんは英語を使う家庭の子弟で、アイルランド語は口をついて出ないのでしょう。だからこそ、教師は一所懸命なのです。英語の 'two' を混ぜているのは、生徒は 'dara' の意味を忘れていはしないかと心配しているのかもしれません。

 一言蛇足を加えますと、おそらくこの場面は小学校のアイルランド語の授業です。初級のアイルランド語の授業は恐ろしくつまらないことで悪名が高いのですが、それは一説によると教えかたがひどいからだと言われています。英語教育におけるような応用言語学の成果を活かしたようなメソッドはつい近年になるまでアイルランド語教育では用いられてこなかったと思います。

 それでなくとも、もともとめちゃくちゃ難しいアイルランド語の教授法が退屈なものでは、学校卒業と同時にアイルランド語など使わなくなるのも無理はないかもしれません。しかし、それではせっかくの十数年にわたるアイルランド語教育が人生において無駄な時間になろうというものです。いまは改善されていることを祈ります。

広告を非表示にする