読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

McLaughlin Interview (1)


[スポンサーリンク]

 ダーモット・マクラフリン(Dermot McLaughlin; アイルランド語名 Diarmuid Mac Lochlainn)の インタヴュー を少しづつ紹介します。全文はすでに こちら に挙げました。

An tAgallamh: DIARMUID MAC LOCHLAINN, Ceoltóir agus Príomh fheidhmeannach Temple Bar Properties


Cén uair a ghlac tú suim san ealaín?


Ó bhí mé an-óg bhí ceol i gcónaí tigh s'againne – tá m’athair Joe Mór ag dul leis an cheol go fóill ar an fheadóg agus an harmonica agus thig leis ceol a bhaint as an fhidil fosta agus é 81 d'aois. Bhí suim mhór ag mo mháthair, Kate, sna healaíona rosc agus bhí lámh mhaith aici ar an phéintéireacht.

 ざっと日本語にします。

インタヴュー: ダーモット・マクラフリン(音楽家、テンプル・バー地所一等行政官)


芸術に興味を抱いたのはいつですか。


ぼくがうんと若い頃から、ぼくたちの家では*1常に音楽がありました。父ジョー(・モール)は今でもホィッスルやハーモニカで伴奏をつけます*2し、フィドルでも音楽に合わせます、もう八十一になりますが。母ケートは雄弁術*3に大変興味がありましたし、絵が上手でした。

 このダーモットのアイルランド語は口語的でありながら、どこか上品で知的で、さらに温かみを感じさせるすばらしいアイルランド語だと思う。まさに彼の人柄そのままという感じがする。ぼくの日本語ではうまくニュアンスが出せない。

*1:tigh seo againne

*2:ag dul leis an cheol

*3:ealaíona rosc ひょっとすると詩の朗誦かもしれない

広告を非表示にする