Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Song and Dance (1950s-60s)


[スポンサーリンク]

 引続き Rambling House から。

 1950年代から60年代のアイルランドの音楽状況でもう一つ注目すべきことは、フォーク・ソングやバラッドとダンス曲とが違和感なく交じり合っていたことだ。ノーランさんはこう述べる。

The vital extra ingredient of the Irish scene was the ease with which folk songs and ballads mixed with instrumental dance music - almost an essential of the new Irish stage repertoire. An example from the Fifties was the singing of Margaret Barry teamed with the fiddle playing of Michael Gorman. Thus the Dubliners and their successors were able to keep their performances going at an energetic pace interspersed with lively dance music from Barney McKenna (banjo) and John Sheehan (fiddle).

 ここまで来ると、ようやく現代のアイルランド音楽シーンの下地がほぼ出揃ってくる。注目のポイントは、クランシーズやダブリナーズのバラッドとダンス・チューンの親和性が意外に高かったということだ。もちろん、それらは交互に演唱されていたのだけれど。(この項おわり)

 15日頃まで、たぶん充電期間にします。なにか特別なことがあれば書きます。

広告を非表示にする