Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Irish Music in 1961


[スポンサーリンク]

 アイルランドはゴールウェー県のローナン・ノーラン(Ronan Nolan)さんの Rambling House はおもしろい情報が満載。クランシーブラザーズが米国のTV番組エド・サリヴァン・ショーに出演した1961年頃のアイルランドの音楽的状況は次のようだったらしい。

The appearance of the Clancy Brothers and Tommy Makem on the Ed Sullivan TV show in 1961 was a defining moment in the modern story of Irish singing. In England and Scotland in the late 1950s the number of folk clubs was growing, the most influential being Ewan MacColl's Singers Club in London.


At the beginning of the 1960s the Irish State was emerging from the cultural and economic stagnation that marked its first 40 years. The Abbey Tavern in Howth, on the outskirts of Dublin, introduced the first ballad sessions and the country's first television station, Radio Telifis Eireann, was launched in January 1961.


The great Dublin singer Frank Harte observed that while America and Britain had their folksong revivals, "we in this country have been spared the sacredness of a revival due to the fact that the tradition of singing of songs has never died."


Barely beneath the surface of a young nation craving respectability, there existed, as ever, a vibrant sub-culture of traditional music and song in rural homes, at fairs, sports events and in some pubs. The only singer of note making recordings and giving concerts from the late 1930s to the early 1950s was Delia Murphy. In the 1950s the McPeakes of Belfast sang using backing instruments, including uilleann pipes and banjo.

 ここから分かる注目のポイントは二つ。

 (1) 当時のアイルランドは英米のようなフォークソング・リヴァイヴァルはしないで済んだ。なぜなら、アイルランドにおける歌の伝統は一度も途切れたことがなかったから。(フランク・ハートの発言)

 (2) 1950年代に録音やコンサートなどの活動を行っていて名の知れた歌い手はバラッド・シンガーのディーリア・マーフィー(Delia Murphy, 1902-71)だけだったこと。あと、ベルファストのマクピークス(McPeakes of Belfast)がイラン・パイプスやバンジョーの伴奏で歌う活動をしていたこと。

 ということは、1950年代に米国からアイルランドにフィールド録音しにやって来た人たちは、もっとそれ以前からの古い伝統を知ったうえでやって来たに違いない。たとえば、リアム・クランシーの母が膨大な歌の宝庫であるというようなことを知ったうえでの渡愛だったはずだ。それらの情報はどこからもたらされたのか。米国に移住したアイルランド人コミュニティーは重要な情報源の一つだったはずだ。そのあまりのレベルの高さに衝き動かされルーツを探りに来たのかもしれない。(つづく)

広告を非表示にする