Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Liam Clancy & Diane Guggenheim (1)


[スポンサーリンク]

 おととい、リアム・クランシーの人生を変えた日曜日のことを書いたが、その後の人生のエピソードを こちら で見つけたのでメモしておく。

In fact, Mrs. Clancy's store of songs was so well-known that the heiress Diane Hamilton Guggenheim sought her help when she came to Ireland on a mission to record folk music. As soon as Guggenheim set eyes on Liam Clancy, she made it another mission to win his heart. Although he never fully reciprocated her romantic feelings, she swept him up as a companion on song-collecting trips to Ireland and Appalachia and introduced him to other actors and singers, including Makem.

 文中の Mrs. Clancy とはリアムの母で、膨大な歌のレパートリーを有していることが米国にまで知れ渡っていたらしい。Makem は Tom (Tommy) Makem のこと。
 リアムがダイアンと会った1955年の翌年に、リアムとトミーとは米国へ移住する。
 ダイアン(ジーン・リッチーの友人)はハリー・グッゲンハイム(Harry Frank Guggenheim, 1890-1971、アメリカ航空界の父と言われリンドバーグの友人でもあった)の娘。ううむ、この背景はおもしろ過ぎる。ということは、Clancy Brothers をはじめとするその後の歴史の出発点には、一人のアイルランド人と米国のグッゲンハイム一族(スイス出身)の娘との出会いがあったことになる。アイルランド人のほうはこの時点ではまだあまり世界とのつながりはなく、アメリカ人のほうはアパラチアとの接点もあるドイツ系ユダヤ人大富豪の一族。いやあ、しかし、こんな話を知るとリアム・クランシーの自伝をちょっと読んでみたくなる。この50年代の人脈でなにか書けそう。(つづく)

広告を非表示にする