Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Planxty: Words and Music


[スポンサーリンク]

 きょうはプランクスティの1982年録音の名盤。

 Planxty: 《Words and Music》 (Shanachie 79035, 1991)

 のっけからリアム・オ・フリンのご機嫌なジグ。かっこいい。
 それから、同じくオ・フリンのトラック3 <Taimse Im' Chodladh> のスロー・エアもいい。ただし、解説でこれを「アシュリング」(aisling)としているのは解せない。この歌の詩のどこがアシュリングなのか。ひょっとして、広義に解釈しているのか。通常と違うヴァーションが念頭にあるのか。この解説は無署名。

 圧巻はトラック6から7への流れ。強靭なサウンドを聞かせたあと、一転してスローバラードのような曲調になり、なんとボブ・ディランの名曲 <I Pity the Poor Immigrant>。ここでのクリスティ・ムアの歌は絶品。
 ところで、この曲のバックでエレクトリック・ギターの音らしきものが聞こえるが、そういうクレジットはない。いったい、だれがどんな楽器を弾いてるんだ?

広告を非表示にする