Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

デイヴィッド・リッツ来日時のインタヴュー


[スポンサーリンク]

 先日、レイ・チャールズRay Charles)の最後の言葉について書いた。それを聞きだしたレイの伝記作家デイヴィッド・リッツ(David Ritz, 1943- )が1994年頃来日したおりの話がこちらに出ている。

 その記事を書いた吉岡正晴さんによると、リッツは最初レイに会えなかったそうだ。そこで一計を案じる。マネージャーを通して会うのは無理なので点字で電報を送ったのだ。こうすればレイ本人にメッセージが伝わると考え、伝記を書きたいという自分の思いを18ページにわたって綴ったのである。作戦は成功した。レイ・チャールズ本人から間もなく電話がかかってきて、彼はレイの伝記を書くことになった。それが1976年のことで、本は78年に出た(Brother Ray)。

 この記事にはリッツがマーヴィン・ゲイの<セクシュアル・ヒーリング>の歌詞をベルギーで書いた経緯も書かれていて興味深い。

 それにしても、Brother Ray がなかなか出てこない。きのう触れた Carmina Gadelica はすぐ見つかったんだけど。

広告を非表示にする