Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Last Words of Brother Ray


[スポンサーリンク]

 レイ・チャールズの自伝(1978)以降のことを、その自伝のゴーストライターを務めた David Ritz が Rolling Stone 誌に書いています。レイの生涯と音楽に関わる読みでのある素晴らしい記事で、ファンならずともお奨めです。

 内容は殆ど二人(チャールズとリッツ)の会話ですが、深い深い会話です。特に、自らの後悔を語る言葉と、宗教に関する言葉はこれまでどこにも出たことがないような内容と思います。中でも2003年の会話が非常に興味深い内容を含んでいます。以下に、少しだけ引用します。

 音楽面では、自分は「天才」と呼ばれるに値しない。人の真似をするのがうまかっただけだと言います。

"I never came up with that 'genius' tag. I'm a utility man. I can do a lot of little things well. But I copied."

 ソウル音楽を作り出したのは自分ではなく、ゴスペルとブルーズとを一緒にしただけだと語ります。

"Maybe I put together two things that hadn't been put together before, but, hell, give credit to the church singers and the bluesmen who I got it from. I got enough credit. Let people know that it didn't come from me. It came from before me."

 神に対する見方が以前とは変わったといい、神をほめたたえることで人は強くなるということが分かったとレイは言います。以前は教会でのあの叫びようはやり過ぎだと考えていたというのですから、これは相当な変化です。

"I think about stories. Songs are stories. And if you're going to write a good song, you're going to have to praise a woman. That's the key. And if you're writing a book about God, you're going to have to praise God. That's what Jesus did. Praised the Father. Taught us about praise. I used to think all that church praise, all that hooting and hollering, was overdone. Stop shouting. Be cool. Besides, if God is God, why does he need all this praise? Now I'm thinking it ain't God who needs the praise -- it's us who need to do the praising. The praise makes us stronger. That's why I'm getting stronger."

 なお、レイ・チャールズの1979年までの生涯を扱った伝記映画のことは明日書きます。

広告を非表示にする