Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

Cristina Branco (Itami, 24 June)


[スポンサーリンク]

 伊丹市で行われたファドのクリスティーナ・ブランコのコンサートに行ってきました(アイフォニックホール)。こんなに超満員のコンサートは久しぶり。熱い夜でした。

 聴きどころは多すぎて書けない。けど、最後のアンコールで、ぽつぽつ「アマリアがいなければ今日のわたしはなかった。彼女のためにこの歌を捧げます」と語りだしてから歌った歌(曲名不明)は涙ちょちょぎれる歌だった。この一曲が聴けただけでも、足を運んだ甲斐はあった。

 最前列にいた白石和良さんによると、ポルトガルギターは生音もまじってかよく聞こえたと。ぼくのいた後列では少しオフ気味だった。

 今晩のセットリスト(S は《センスス〜感じて……》 [Sensus] 収録曲、C は《夢を追う人〈ウ・デシュクブリドール〉》 [Canta Slauerhoff] 収録曲、I はたぶん《Corpo Iluminado》 収録曲)。

  1. 歳月と埃の山 (器楽曲)
  2. 光を浴びた肉体 (I)
  3. おまえが衣を脱ぐとき (S)
  4. 発見者 (C)
  5. 到着 (C)
  6. 山の娘の唄 (S)
  7. あなたの魂が気づいたら (S)
  8. ファド (C)
  9. ポルトガルの詩
  10. ヴィアナへ行こう


(休憩)

  1. バレーデシュに捧ぐ (器楽曲)
  2. 冷たい光
  3. 襲撃 (S)
  4. 喪失のファド
  5. 暗いはしけ
  6. こわれたソネット (S)
  7. 悲しい人生
  8. あこがれ (C)
  9. 別れのソネット (S)
  10. ミューズ (I)
  11. 恋人は舟乗り (I)


(アンコール)

  1. 曲目不明) (アマリアに捧げた歌)
  2. (曲目不明)

(太字は特に印象に残った曲です。) 帰ってきたら某虎虎球団が五割復帰の朗報。うーん、こたえられん。

<追記>
 クラン・コラ・ブログによると、6月25日(金)13:05〜NHK「スタジオ・パークからこんにちは」にクリスティーナ・ブランコが生出演するそうです。

広告を非表示にする