Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

アイルランド語の姓名における O (5)


[スポンサーリンク]

 《Ó Briain 変奏曲》をもうちょっと続けよう。これまで、Ó の主格と属格の形を見てきたが、ここで呼格(vocative)の形を加えよう。

主格 ó, 属格 , 呼格

実は何のことはない。呼格と属格とは同じ なのだ。それでは主題 Seán Ó Briain さんを変奏しよう。

 まず、ショーン・オ・ブリアンさんに呼びかける場合の言いかた。

a Sheáin Uí Bhriain

この Uí は呼格の形。

 続いて、オ・ブリアンさん、ないしオ・ブリアン氏。英語だと Mr O'Brien に相当。

Mac Uí Bhriain
An Brianach

この二つの言いかたがある。*1 二つ目はちょっと違う経路。一つ目は直訳すると「オ・ブリアンの息子」だろうけど、これが「オ・ブリアン氏」の意になる。

 さて、ではこのオ・ブリアンさんに呼びかけてみよう。

a Mhic Uí Bhriain!
a Bhrianaigh!

どうです。中々おもしろいでしょ。

 男性名はこの第一変化以外に、第三変化と第四変化の名前がある。

 なお、女性名は大体において第四変化で、少しだけ第二変化の名前がある。

 固有名詞の格変化は普通は辞書に出ていないので、このあたりの知識は自分でコツコツ集める必要がある。特に、少し変わった変化をする名前の場合は、注意が必要。たとえば、Niall の属格は Néill で、Ó Néill という姓になる。*2

Niall → Ó Néill

*1:ほかに、an tUasal Ó Murchú のようにも言う。

*2:Dinneen, p. 795

広告を非表示にする