Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

song

ニャーのある歌い手、ない歌い手 nya, nyahh, nea

シャン・ノース歌唱の名人ジョー・ヒーニー(Joe Heaney)はジョーン・バエズ(Joan Baez)にはニャーがないと言った。 こういう話が IRTRAD-L メーリング・リストで出たことがある。では、ニャーとは何か。ポール・カー(Paul Carr)が同リストに投稿して、…

Johnny I Hardly Knew Ye

〔蔵出し記事 20040117〕 伝統歌の 'Johnny I Hardly Knew Ye' の歌詞について。

Willie Clancy and Singing

〔蔵出し記事 20050318〕 「最近の IRTRAD-L(ハリーとジム)」で少し指摘したハリーの論争への復帰の出発点はどこかと探していて、ようやく見つかった。IRTRAD-L の(2005年)3月10日の Chris Brennan の "Willie Clancy and Singing" というポストだ。

バーン・ダンスとエリザベス・クローニン

ポール&ハリーのアルバム Born for Sport には barn dance が2トラックも入っている。で、この barn dance について少し。

Micheal Mac Ardail

〔蔵出し記事 20040223〕 Classic English Folk Songs (EFDSS) の表紙の人物が分かるかと、校訂者がオンライン・フォーラムで言っていた。三人のうち二人はだれでもすぐに分かる。あと一人がなかなか答えがでてこない。

リリス・オリーレの代表作

Lillis Ó Laoire, Bláth Gach Géag dá dTig (CIC, CICD 075) 今日、ドネゴールのシャン・ノースの男性歌手として、リリス・オ・リーレの右に出る者はいない。彼の代表作がこのアルバムである。

Peigin mo Chroi

〔蔵出し記事 20040115〕 これは音楽の問題というより、アイルランド語の問題なのだが……。人気グループ Dervish を2003年12月29日にドネゴールの Dunlewey で聞いた。2002年12月10日京都で聞いた時よりずっと素晴らしい音で、アンサンブルもよく分かった。日…

うちゅうひこうしのうた

〔蔵出し記事 20040114〕 みんなのうた(NHK)でやっているのをたまたま見た。いっぺんで気に入った。矢野顕子にどこか似ているが、もっと上品、なんていったら叱られるか。 歌もいいし、ピアノもいい。 歌は坂本 真綾。作曲は菅野 よう子。菅野がピアノも弾…

実力派歌手が唄う英国バラッド

English & Scottish Folk Ballads (Topic, 1996) もとは1964年に Topic レコーズがA. L. ロイド(A. L. Lloyd)とユーワン・マコール(Ewan MacColl)が唄うバラッド・アルバムとしてリリースしたものに、4人の歌い手の録音を加えて作成したバラッド集。加わ…

スウェーデンのフォーク音楽の極北

Susanne Rosenberg, ReBoot / OmStart (Playing With Music, 2010) スウェーデンのフォーク・ソングの伝統と現在と未来とを見据えた研究成果であり、スリリングな実践でもあるCD。

東マンスターの歌集 'Binneas thar Meon'

Dáithi Ó hÓgáin, Binneas thar Meon, Iml. 1 (CBÉ, 1994)

Emigrant Songs 移民歌(アイルランド移民の歌)

移民歌 (emigrant song) について話した内容を参考のためにまとめます (うたとお茶の会、2000 年 7 月 9 日)。ただし、それ以降に得た知見に基づいて随時、加筆しています。

1960年代のアラン島の貴重なカラー映像+ラサリーナ

Aran Islands: A Journey through Changing Times (2002) 1960年代初頭のアラン島を撮影した貴重なカラー映像20分が初公開されたビデオ。私が入手した版は NTSC。 撮影したのは、アランセーターを世にひろめたことでも知られる新聞記者ポーリク・オシーハー…

ファドの清冽なる歌姫クリスティーナ・ブランコ

Cristina Branco, Post-Scriptum (L'Empreinte Digitale, 2000) ファドの清冽なる歌姫クリスティーナ・ブランコのこのレーベルからの2枚目。1枚目と共にフランスで賞をとっている。ほかにオランダでしか入手できないアルバムが2枚あるようだ。 夫である Cust…

ラサリーナのソロ・デビュー盤

Lasairfhíona Ní Chonaola, An Raicín Álainn (LNC 001CD, 2002) ラサリーナのソロ・デビュー盤。番号から分かる通り、アーティストのインディペンデント・レーベル。全14曲。すべてアイルランド語の歌。2002年8月8日、フランス西部のロリアンで開かれたイン…

Achainí an Ghrá (Request of Love)

ラサリーナ・ニホニーラがエクトル・ザズーの《ライツ・イン・ザ・ダーク》のトラック12で唄う 'Achainí an Ghrá (Request of Love)' 「御身の愛をわれに与えたまえ」。 Lights in the Dark posted with カエレバ Hector Zazou Elektra / Wea 1998-04-30 Rí …

Amhrán na Páise (Song of the Passion)

ラサリーナ・ニホニーラがエクトル・ザズーの《ライツ・イン・ザ・ダーク》のトラック7で唄う 'Amhrán na Páise (Song of the Passion)' 「御受難の歌」。

Dán na Marbh (Poem of the Dead)

ラサリーナ・ニホニーラがエクトル・ザズーの《ライツ・イン・ザ・ダーク》のトラック3で唄う 'Dán na Marbh (Poem of the Dead)' 「死者の歌」。ウード (Thierry Robin) とオカリナ (Carlos Núñez) の伴奏が印象的。 Lights in the Dark posted with カエレ…

マーティン・シンプスンのギターも歌も充実

Martin Simpson, The Bramble Briar (Topic TSCD513, 2001) 2001年のブリティッシュ・フォーク最良の収穫の一つ。ギタリストとしてもシンガーとしても、非常に充実している。

ライヴならではの味わいがすばらしいダーヴィッシュ2枚組

Dervish, Live in Palma (Whirling Discs WHRL004, 1997) ダーヴィッシュのいい面が多く収められた2枚組ライヴ。 スタジオ盤 At the End of the Day でかつてヴェーセンと共演した曲 'Josefin's Waltz' のライヴならではの味わいもすばらしい。録音も秀逸。

心変わりしてしまった恋人を唄う'Loving Hannah'

Bill Jones, Panchpuran (Brick 002CD, 2001) 2枚目にして確乎たる地位をきずきあげた若きフォーク・アーティスト。プロデュースをカレン・トウィードがおこなっており、その結果いくつもの興味深いことが起きている。 ひとつは、フィンランドのティモ・ア…

元 ちとせをアイルランド人に聞かせる

〔以下は2003-2004年のアイルランド旅行記の一部〕 元 ちとせをアイルランド人に聞かせる → 意外な反応が 今回のアイルランド旅行で、二人の人に元 ちとせを聞かせた〔2004年1月〕。今や幻の名盤となった(?)奄美島唄集のアルバム《故郷・美ら・思い》であ…

Auld Lang Syneを唄おう

The Acoustic Music Archive というサイトがある。 フォーク・ソングをギターを弾きながら唄おうというサイトだ。歌詞とギター・コード、音源がそろっている。

ITMAのアーカイブから

ITMA ダブリンにあるアイルランド伝統音楽資料館(ITMA)はアイルランド伝統音楽に関する様々の資料の宝庫だ。古いLPから古い楽譜、最新の研究書に至るまで、調べ物があれば一度は足を運ぶ価値がある。利用は無料。

TG4のアーカイブから

TG4(アイルランド語放送局)にシャン・ノース歌唱のアーカイブがあった[現在はなく、TG4 Archive という総合的アーカイブがある]。 歌、歌い手、テーマ、地方により検索ができる。

NPUのアーカイブから

アイルランド伝統音楽ファンにはたまらない歌のビデオ・アーカイブがある。知る人ぞ知る。前にも紹介したけれど。 このアーカイブは Na Píobairí Uilleann (NPU) (the Society of Uilleann Pipers) にある。アイルランドの伝統楽器、イラン・パイプスの演奏…

パダル、ラフトゥリーの名曲を唄う

ラフトゥリーの名曲は今もアイルランドで愛されている。 エラハタス(アイルランド語芸術の大会)などでも特別の尊崇をもってラフトゥリーの歌が扱われる。

イアン・スミスの唄うバーンズ

Ian Smith, A Celtic Connection (IS02, 2011) アイルランドのギタリスト、イアン・スミスの2011年のアルバム。 ドネゴール(アイルランド北部)のシンガー・ソングライターとしても知られる。しぶい歌声。曲はいぶし銀のような深い味わいのものが多い。

「牛飼いの美少女」

Noeleen Ní Cholla, An Mhaighdean Mhara (CICD198, 2015) アイルランドの女性歌手ノーリーン・ニホラのアルバム《人魚》は2015年の出色の収穫だ。

アイルランド伝統歌の隠れた名著

Sean Boyle, Irish Song Tradition (O'Brien P, 1976) アイルランドは膨大な伝統歌を有するが、その全体像について、一般読者むけにコンパクトにまとめた好著。 二部にわかれ、前半でアイルランド伝統歌の起源と特徴を概説し、後半でアイルランド伝統歌の実…