読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

What is Sean-nos?

Q:What is Sean-nós?A: Literally Sean-nós means ‘old way’. It is the oldest form of singing in Ireland. Sean-nós songs are usually sung unaccompanied. Excellent examples are the Irish language love songs: Úna Bhán, (Fair Úna), An Caisleán G…

'Cois Abhainn na Séad' の比較

Máire Ní Cheocháin のアルバムで挙げた歌 'Cois Abhainn na Séad' は Elizabeth Cronin の録音(1947)もあり、CD 附きの本 The Songs of Elizabeth Cronin (Four Courts Press, 2000) に歌詞と楽譜とが掲載されている(89-90頁)。同 CD と本 CD または上…

聴取録 Maire Ni Cheochain, 'Cu-cu-in'

ムースクリー(マスケリー)の歌唱伝統を知るのに恰好のシャン・ノース CD Cú-cú-ín をレビューする。 目次 データ 内容 総評 聞きどころ 入手先、試聴 映像 データ Máire Ní Cheocháin: Cú-cú-ín (Acamhadh Fodhla 2, 2006) rating: *** 1/2 sound quality:…

Sweet 15 by Hitchner

音楽評論家アール・ヒッチナーが The Irish Echo Online 2006年1月4-10日号で、新千年紀(2001年からの千年)に発売された CD から15枚を選出した。よく見ると、1970年代、90年代のものや2000年のものも含まれているし、今では入手困難なものもあるけれど、…

2005年のシャン・ノース Amhranaiocht ar an sean-nos i 2005

〔蔵出し記事 20051231〕 2005年、生で見たシャン・ノースの歌い手は百二十名を超す。これほど多くのシャン・ノース歌唱を生で聴く機会に恵まれたのは2005年が初めてである。シャン・ノースつながりで言うと、生で見たシャン・ノース・ダンスの踊り手は二十…

聴取録 Maire Brid Ui Nia, 'Brid Og Ni Mhaille'

コナマラのシャン・ノース・シンガー Máire Bríd Uí Nia のアルバム Bríd Óg Ní Mháille をレビューする。 Máire Bríd Uí Nia: Bríd Óg Ní Mháille (OECD-010, 1997?) rating: **1/2 sound quality: **1/2 Bríd Óg Ní Mháille Galway Bay The Blind Child Br…

'Sean-Nos Cois Locha' (CD)

2006年2月に CIC が出したシャン・ノース集 CD Sean-Nós Cois Locha をレビューする。 VA: Sean-Nós Cois Locha -- Rogha Sean-Nós Milwaukee 2003-2005 (CIC CICD 162, 2006) rating: *** sound quality: ** Áine Uí Mhuineacháin (Nan Chamais) [ó Chinn M…

オ・ブリアンとトービーン Come West along the Road (DVD)

2005年暮れに発売された RTE のビデオ・クリップ集 Come West along the Road: Irish Traditional Music Treasures, Volume 1 from RTÉ TV Archives 1960s - 1980s (RTÉ RTEDVD99)。プロデュースはニコラス・カロラン。本 DVD はオール・リージョンズのデ…

三人のドノハ Donncha

三人のドノハさん 相当なアイルランド音楽通を自認する人でもちょっと難しそうなクイズを一つ。次の三人のドノハさんの違いは何でしょう。 Seán 'ac Dhonncha Seán Mac Donncha Seosamh Mac Donncha 発音はそれぞれショーン・アク・ゴノハ、ショーン・マク・…

『われらの音楽伝統』 Our Musical Heritage by Sean O Riada

Seán Ó Riada, Our Musical Heritage (Fundúireacht an Riadaigh, 1982; ed. with an introduction by Thomas Kinsella; Musical Editor: Tomás Ó Canainn) ショーン・オ・リアダ(1931-1971)が1962年7月7日-10月13日に行ったラジオ講話を収める小著(楽譜…

Iarla in Box

〔蔵出し記事 20050908〕 シャン・ノース・シンガーのイアルラ・オ・リナード (Iarla O' Lionaird) の新作 Invisible Fields 発表会が2005年8月に行われたが、それに関する記事がフィナンシャル・タイムズ電子版 (FT.com September 7 2005) に載った。変わっ…

Micheal O Seighin and Bogs

〔蔵出し記事 20050906〕 シャン・ノース歌手のミホール・オ・シェーン(Micheál Ó Seighin)さんら五人がメーヨー県内陸部の天然ガス関連施設の建設は危険すぎるから沖合に建設せよとの抗議運動を起こし、〔2005年〕6 月 30 日に投獄された。それから二ヶ月…

Cumar 音楽学校の若き音楽家たち

Cumar (CIC CICD141, 2000) 10. An Tréigean le Ciarán Ó Concheanainn 11. Poirt / Jigs le Sarah-Jane Woods 1999 年の「クマル」コンサートの模様を収めたアルバム。〔'cumar' はアイルランド語としては「峡谷」の意だけれど、ここではアイルランド西部コ…

Ciaran O Con Cheanainn

〔蔵出し記事 20050825; From the archives: what follows was written on 25 August 2005〕 Ciarán Ó Con Cheanáinn, a most promising young sean-nós singer. 彼は恐らく2005年のエラハタスでオ・リアダ杯を獲得することだろう。2004年は同杯三位、2002年…

Bob Quinn, The Atlantean Irish

Bob Quinn, The Atlantean Irish: Ireland's Oriental and Maritime Heritage (Lilliput Press, 2005) この本の著者 Bob Quinn がどのような主張をする論客であるかについては、たぶん十本くらいは書いたので、ここでは繰返さない。リリス・オ・リーレの最大…

ニャーのある歌い手、ない歌い手 nya, nyahh, nea

シャン・ノース歌唱の名人ジョー・ヒーニー(Joe Heaney)はジョーン・バエズ(Joan Baez)にはニャーがないと言った。 こういう話が IRTRAD-L メーリング・リストで出たことがある。では、ニャーとは何か。ポール・カー(Paul Carr)が同リストに投稿して、…

Corn Cuimhneachain Chonaill Ui Fhearraigh

〔蔵出し記事 20040128〕 リリス・オ・リーレから得た情報で一つ大きかったのは、ドネゴールの歌唱伝統のコンテストであるコナル・オ・ファリの名を冠したそれは、エラハタス・ナ・ゲールゲの一部門となっているということだ。従って、エラハタスに行けば、…

ラサリーナ・ニホニーラの経歴

アイルランドのアラン諸島の東島出身の女性歌手ラサリーナ・ニホニーラ(Lasairfhíona Ní Chonaola)の経歴について。 まず、コニーラ(Conaola)はコナマラ西部に多い姓らしい。この姓についてはなかば伝説じみた話が伝わっている。ホニーラとなっているの…

シャン・ノース歌唱の起源2説(まとめ)

アイルランドのシャン・ノース歌唱の起源に関して2説ある。

Bádóirín Thír an Fhia

Bádóirín Thír an Fhia le Bríd Ní Mhaoilchiaráin ブリージ・ニウィルヒアラーィン(Bríd Ní Mhaoilchiaráin)の唄う 'Bádóirín Thír an Fhia' 〈チーラニーアの船乗り〉。チーラニーアはアイルランド西部ゴールウェー県の地名(英語名 Teeranea)。

TG4のアーカイブから

TG4(アイルランド語放送局)にシャン・ノース歌唱のアーカイブがある。 歌、歌い手、テーマ、地方により検索ができる。

NPUのアーカイブから

アイルランド伝統音楽ファンにはたまらない歌のビデオ・アーカイブがある。知る人ぞ知る。前にも紹介したけれど。 このアーカイブは Na Píobairí Uilleann (NPU) (the Society of Uilleann Pipers) にある。アイルランドの伝統楽器、イラン・パイプスの演奏…

パダル、ラフトゥリーの名曲を唄う

ラフトゥリーの名曲は今もアイルランドで愛されている。 エラハタス(アイルランド語芸術の大会)などでも特別の尊崇をもってラフトゥリーの歌が扱われる。

エラハタス(2015年)予定発表される

毎年秋に開催されるアイルランド語芸術の大会エラハタス・ナ・ゲールゲの2015年の行事予定が発表されました。シャン・ノース(歌唱・ダンス)のアイルランド一の名人を決める大会です。他にもストーリテリングや、さまざまの歌唱競技など(同一時間帯に複数…

シャン・ノース早わかり

アイルランドの中等教育修了試験の選択科目に音楽がある。クラシック音楽やロックなどに交じってアイルランド伝統音楽もある。

現代のアイルランド伝統音楽の出発点――ショーン・オリアダの歴史的著作

Seán Ó Riada, Our Musical Heritage (Fundúireacht an Riadaigh, 1982) ショーン・オリアダが1962年7月7日から10月13日にかけておこなった、アイルランド伝統音楽に関する歴史的ラジオ放送に対応する著作。 本としては1982年に出版された。ラジオ放送でつか…

Corn Uí Riada 2014 (オリアダ杯)

2014年オリアダ杯(Corn Uí Riada)の模様がTG4のダイジェスト番組で2月8日まで見ることができる。オリアダ杯はアイルランド語無伴奏歌唱の最高名人を選ぶ大会。 50分の番組だ。一般視聴者が見やすいように緩急の配置がしてある。大会では遅いテンポの歌を参…

こころざし気高しシーリア

シャン・ノース歌唱のアルバムの場合、新譜は出てもせいぜい年に数点程度だ。大抵のアルバムはどこかに「色気」があって、マス・マーケットを多少なりとも意識してる。例えば、部分的に(薄い)伴奏を附けたり、ポップな、またはコナマラ・カントリーぽい曲…

至宝シーリア

これはどえらいことになりました。シーリア・ニアールタさんのアルバム*1が出たのです。 十年に一枚しかシャン・ノース歌唱のレコードを買わない人(?)もこれは買ったほうがいいかも。 十年に一枚級、もしかしたら女性歌手としては百年に一枚級のアルバムかも…

パダル・オリアダの新刊書

パダルが新しい本を出しました。タイトルは Amhránaíocht Dúchas na nGael (ゲールの伝統歌唱)。シャン・ノース歌唱に本気で興味のある人なら恐らく必読文献だと思います。目次を見ると音階、リズム、声、歌、マンスター、コナハト、ドネゴール、スコット…

Stiofan

唄ったのは An Caiptin O Maille で、なんと司会者が歌の紹介をするのを待たず唄い始めたのでした。唄い終わるや万雷の拍手。彼が出てきたのでは誰も諦めるしかありません。

Risteard

会いました。何と、向こうから挨拶してくれました。どうなってんの。 オリアダ杯は当然のごとく Stiofan がさらいました。

Oireachtas 2006

いよいよ、エラハタスが今週、デリーで始まります。しばらくはこちらを覗くことができませんが、悪しからず。2006年度エラハタス会長はどうやら Risteard Mac Gabhann になったようです。どんな人なのか、見てきます。

Sean-Nos Singer in Residence 2006 (NUIG)

ゴールウェー大の 2005-2006 年 のシャン・ノース・シンガー・イン・レジデンスは モーィラ・イグライナーン(Máire Uí Dhroighneáin)。いつのまにか決まっており、すでにワークショップも開かれていた。このように、アイルランドの種々のポストは知らぬ間…

Feile Chois Cuain 2005

このフェスティヴァルはノー・チェックだった。 Féile Chois Cuain (Louisburgh, Co. Mayo, 29 April - 2 May 2005) よくあるアイルランド伝統音楽のフェスティヴァルのように見えるが、そういう側面もありながら、よく見るとシャン・ノース関連の充実度が…

Amhran Mhainse

やっと出た Ragús の DVD はよく出来ている。踊りよし、演奏よし、歌よしの、待った甲斐のある出来ばえだ。見だすと一気に83分が立ってしまう。 中に一曲シャン・ノースの歌が入っている。チャプター13の <Amhrán Mhaínse> がそれで、コナマラの有名な歌で…

鼻と軟口蓋と歌

鼻を瞬間温度湿度調節器として解説した興味深い頁に、軟口蓋と歌との関連が書かれている。「軟口蓋が下がると、ノドで作られた声は鼻腔に響き、鼻音となります」という注目の指摘に関連し、ここでは演歌の例が書かれているが、実はシャン・ノースの歌にもこ…

Tomas O Neachtain <コメント>

1980年と81年の二度、オ・リアダ杯を獲得した大歌手に Tomás Ó Neachtain がいる。 名前に見覚えがありませんか。そう、ジョー(ショーサヴ)のお父さんです。シャン・ノース歌手の名人の息子はシャン・ノース・ダンスの名人という訳です。コナマラはスピダ…

Sean-nos Milwaukee 2005 (25-26 Feb)

今年も米ミルウォーキーでシャン・ノース歌唱の催しが開かれます。2月25日(金)、26日(土)の二日間。一日目の夕べのコンサートの模様はアイルランドのラジオ局が録音し後日放送予定。以下、Bill Kennedy さんの各所へのポストから引用。 The Third Annual…

Oireachtas 2005 日程

Guíonn Blog Mhíchíl Bliain mhór mhaith oraibh i 2005. エラハタス*1の2005年度のスケジュールが発表された。春のほうは昨秋と同じくドネゴールで。秋はコーク。 Oireachtas na Gaeilge 2005 OIREACHTAS NA BEALTAINE Leitir Ceanainn, Co. Dhún na nGall …

マンスターの歌唱伝統

RnaG の ダウンロード頁 に12月5日放送の「マンスターの歌唱伝統」(Traidisiún Amhránaíochta na Mumhan)が加わった。内容は珍しいマンスターのシャン・ノース歌唱が4曲と解説(マンスターのアイルランド語)。 音声ストリームだけれど、いろんな方法で録…

エラハタスのアーカイヴズ公開

エラハタスの過去の歌唱などの録音が こちら で一挙に11点公開された。うち、シャン・ノースの歌唱は9点。いずれも素晴らしい。 ただし、フォーマットは Windows Media。ダウンロード可能。

Sean-Nos in the USA (11) Others

(承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。情報源。デトロイトの Virginia Stevens。…

Sean-Nos in the USA (10) Navan

(承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。情報源。デトロイトの Virginia Stevens。…

Sean-Nos in the USA (9) Brian Hart

(承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。情報源。デトロイトの Virginia Stevens。…

Sean-Nos in the USA (8) Aine Meenaghan

(承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。情報源。デトロイトの Virginia Stevens。…

Sean-Nos in the USA (7) New York

(承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。情報源。デトロイトの Virginia Stevens。…

Sean-Nos in the USA (6) Alice

(承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。情報源。デトロイトの Virginia Stevens。…

Sean-Nos in the USA (5) Detroit

(承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。情報源。) デトロイトには少なくとも二人…

Sean-Nos in the USA (4) Resources

(承前:米国におけるシャン・ノース歌唱事情――いかに録音が少ないか。しかし、優秀な歌い手は現に存在する。例えば、ボストンの Bridget Fitzgerald と Sally Coyne。アイルランドにおける三種の流儀とその代表盤。) 今まで見てきた話は Mudcat のフォーラ…