読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

無知は弱さになる | 医療保険制度の将来

日本の医療費は38兆円。 これが医療が「商品」になると100兆円になるという。巨大な市場だ。米国は参入しようとして虎視眈々と機会を狙っている。 堤未香さんが自著『沈みゆく大国アメリカ』から次の箇所を朗読した(BS日テレ「久米書店」2016年6月5日再放送…

iPod に入れる音楽 Oldies

〔蔵出し記事 20060420〕 ヒントは、高田明和さんの本にあった。 浜松医科大学名誉教授の高田さんはテレビの健康番組などでおなじみの人。彼の近著をめくっていたら、突然、医学とは関係なさそうな iPod のことが出てきた。それも、「どのような曲を iPod な…

旨い野菜、或いはシェ リュックのこと Chez Luc agus Sailead

〔蔵出し記事 20051228〕 久しぶりに、いとこがシェフをやってる「シェ リュック」(大阪・なんば)に行って来た。いつ行っても新しい発見があるし、ふかーい満足感に浸される。食の原点に還るような気がする。〔現在は名称は「Hanchika」に変更され、シェフ…

米産牛肉をめぐる不可解な動き US Beef and BSE

〔蔵出し記事 20051006〕 米産牛肉と BSE をめぐる問題について、ある種の不可解な事情が存する。その事情は、BSE にからむ安全性といった科学的な問題とは全く無関係。どうやら、米側では安全な牛肉を保証する体制も意志もないらしい。そんな馬鹿なと誰しも…

毛髪の健康は全身の健康を反映する

山田佳弘『髪は増える!』(自由国民社、2015) 本書のポイントは、初期のころにちゃんと取組むと、ほぼ8割の人に効果があること。そのころに、ちゃんと1年から2年間、取組めば、毛に元気が出てきて不安は無くなると(8頁)。 初期のころとは、毛の将来に不…

耳鳴り、サヌカイト sanukite, Last Rose of Summer

〔蔵出し記事 20050316〕 昔、ロック・ピアニストだった頃、大音響バンドにいたことがある。ニール・ヤング・バンドもかくやと思われるくらいの音圧に囲まれていた。

DNA修復を細胞が行う3つの仕組み

ノーベル化学賞(2015)がスウェーデンのリンダール博士ら3名に贈られると決まった(2015年10月7日)。「DNA修復メカニズム」を解明した功績による。スウェーデン王立科学アカデミーのプレス・リリースは次のように要約している。

AMD(加齢性黄斑変性症)に胚性幹細胞の移植による治療の試み

BBCのニューズでAMD (age-related macular degeneration)「加齢性黄斑変性症」(成人の失明原因の第1位、英国で60万人以上の患者、視野の中心部が見えにくくなる)の新治療法の話を見た(2015年9月29日)。

日本が開発した世界一の癒しロボットが英国のNHSで採用されるかもしれない

2015年9月17日の英国BBC放送を見た人はびっくりしたかもしれない。 www.bbc.com パロというアザラシ型のロボットなどが出てきたのだが、NHS(英国の国家医療制度)の精神的健康問題を扱う財団とブライトン大学との共同研究において、パロをNHSの中で薬の代わ…

心身の健康維持に五感を使う

南和友『蘇活力』(アチーブメント出版、2013)

メタボとは本当に怖いのか

武田邦彦『「メタボは怖い」は情報操作だった』(日本文芸社、2014) [Kindle版] 刺激的なタイトルの本だ。もし、「メタボは怖い」は情報操作だったとすれば、本当の情報はちがうことになる。さらにいえば、「メタボは怖くない」と示唆しているようでもある。

よい眠りを求めて

フランスベッド ウオッシャブル低反発ピローレギュラー 枕は通販に向くか。 わからない。気に入らなかった場合、返品がやや面倒ということがあるかもしれない。 ともあれ、幸運にも、やっと自分に合った寝心地のよい枕が手に入った。 きっかけは、アイルラン…

ロコモティヴ・シンドローム

日本TV系で2009年8月8日に放送された「世界一受けたい授業」で「メタボより怖い新国民病ロコモの謎」のテーマで中村耕三さんが話されました。既にまとめブログや中村さんご自身の発言もありますが、番組で話された内容を書取ったので一応ここに載せておき…