Tigh Mhíchíl

詩 音楽 アイルランド

記事一覧

アイルランド

『われらの音楽伝統』 Our Musical Heritage by Sean O Riada

Seán Ó Riada, Our Musical Heritage (Fundúireacht an Riadaigh, 1982; ed. with an introduction by Thomas Kinsella; Musical Editor: Tomás Ó Canainn) ショーン・オ・リアダ(1931-1971)が1962年7月7日-10月13日に行ったラジオ講話を収める小著(楽譜…

'Galleon' の一節 Back in time to a place beyond から海を想う

ラーサリーナ・ニ・ホニーラのウェブサイト flameofwine.com の扉にかつて書かれていた言葉。 Back in time to a place beyond, where no one else has been so farAll the joys of my yearning heart, haunting music for the soul. これは2枚目のアルバムF…

John Brian Vallely (interview, Beo)

トラッド・ファンにもたぶんおなじみの世界的画家のインタヴューが Beo 2005年9月号に掲載されている(アイルランド語)。 先に彼の子供たちのことにふれると、Lúnasa (ルーナサ、「ルナサ」)のキリアン(Cillian)・ヴァレリー(イラン・パイプス)は次男…

アイルランドの数独とマガハン Sudoku in Eirinn agus McGahern

〔蔵出し記事 20050916〕 最近アイルランドで時間を過ごした人なら誰でも気づいているだろうが、あちらでは数独は大変な人気である。日本人自身が驚くほどの大人気である。 アイルランドの新聞でその日の数独問題を掲載していないのはアイルランド語新聞だけ…

グルジェフの映画 Scannan faoi Ghurdjieff

過日、アイルランド語を勉強中の一こま。 「一番好きな映画を選べ」という課題が与えられた。各自がそれを挙げて、説明し、論じ合うのである。これを全部アイルランド語で行う。 私はとっさに「注目すべき人々との出会い」 (Meetings with Remarkable Men) …

Micheal O Seighin and Bogs

〔蔵出し記事 20050906〕 シャン・ノース歌手のミホール・オ・シェーン(Micheál Ó Seighin)さんら五人がメーヨー県内陸部の天然ガス関連施設の建設は危険すぎるから沖合に建設せよとの抗議運動を起こし、〔2005年〕6 月 30 日に投獄された。それから二ヶ月…

全アイルランド・フラー(フラー・ヒョール・ナ・ヘーラン)の歌唱ルール

フラー・ルールによると、18歳以上の部(D)の全愛フラー(The All-Ireland Fleadh)では、アイルランド語・英語のソロ伝統歌唱の曲目については次の規定に従わねばならない。 17. Competitions 31- 34 Amhránaíocht / Traditional SingingAge Group D: Two …

海洋国アイルランド

The Galway Hookers 4th ed. le Richard J. Scott (A. K. Ilen, 2004) le DVD. [Ceannaithe i SPAR sa Cheathú Rua.] ゴールウェーの伝統的帆船(húicéir)の本。DVD (TG4 のアイルランド語番組)附き。この帆船(フーィケール、フッカー)を見るために訪愛…

セラ=ジェーン・ウッズのインタヴュー(3) Sarah-Jane Woods interview (3)

CUMAR のアルバムで演奏を聞かせたフルート奏者セラ=ジェーン・ウッズ (Sarah-Jane Woods) の Beo におけるインタビュー (Beo, Eagrán 36, Aibreán 2004) の3回目。原文(アイルランド語)のあとに大意を英語で掲げる。 [Sarah-Jane Woods; source] Antaine…

セラ=ジェーン・ウッズのインタヴュー(2) Sarah-Jane Woods interview (2)

CUMAR のアルバムで演奏を聞かせたフルート奏者セラ=ジェーン・ウッズ (Sarah-Jane Woods) の Beo におけるインタビュー (Beo, Eagrán 36, Aibreán 2004) の2回目。原文(アイルランド語)のあとに大意を英語で掲げる。 [Sarah-Jane Woods; source] 〔一口…

セラ=ジェーン・ウッズのインタヴュー(1) Sarah-Jane Woods interview (1)

CUMAR のアルバムで演奏を聞かせたフルート奏者セラ=ジェーン・ウッズ (Sarah-Jane Woods) の Beo におけるインタビュー (Beo, Eagrán 36, Aibreán 2004) を少しづつ紹介する。原文(アイルランド語)のあとに大意を英語で掲げる。 [Sarah-Jane Woods; sour…

Cumar 音楽学校の若き音楽家たち

Cumar (CIC CICD141, 2000) 10. An Tréigean le Ciarán Ó Concheanainn 11. Poirt / Jigs le Sarah-Jane Woods 1999 年の「クマル」コンサートの模様を収めたアルバム。〔'cumar' はアイルランド語としては「峡谷」の意だけれど、ここではアイルランド西部コ…

Ciaran O Con Cheanainn

〔蔵出し記事 20050825; From the archives: what follows was written on 25 August 2005〕 Ciarán Ó Con Cheanáinn, a most promising young sean-nós singer. 彼は恐らく2005年のエラハタスでオ・リアダ杯を獲得することだろう。2004年は同杯三位、2002年…

アイルランド伝統音楽のギター弾きに4種類あり

スレッド 'The Guitar and Irish Traditional Music' から(2002-2005)。thesession.org に発し、Mudcat にまで飛び火した、ギターとアイルランド伝統音楽をめぐる議論。Michael Sands さんの観察によると、アイルランド伝統音楽のセッション現場で出会うギ…

Altan @ Aiphonic Hall, Itami, 4 Dec 2015

アルタン(兵庫県伊丹市アイフォニックホール、2015年12月4日) 伊丹市で行われたアルタンのコンサートについてのメモを少し。 メンバー このメンバーになってからは初めて見た。アコーディオン奏者が Martin Tourish (Ciaran Tourish の甥)に代わった。ギ…

歌詞と音符

〔蔵出し記事 20040729〕 声楽家の藍川由美さんの発言を以下、引用する(産経新聞2004年7月29日付朝刊)。

Papa Eoin Pol II (La), Saint Malachy

〔蔵出し記事 20050405〕 北アイルランドのベルファストで発行されているアイルランド語週刊紙 Lá の4月4日付(Dé Luain 4 Aib 2005)にローマ教皇ヨハネ・パウロ二世(Eoin Pól II)の逝去に伴う今後の行事等についての署名記事が載った。まず、その全文。 …

Give Us a Drink of Water (Si-Folk)

Si-Folk, Clear Spot Session: Traditional Irish Music (2002) 世界広しと言えど、こんな解釈の演奏が出来るのは日本のシ・フォーク(Si-Folk)だけではないか。彼らのアルバム Clear Spot Session: Traditional Irish Music (rec. 2001-2002) のトラック 7…

ニャーのある歌い手、ない歌い手 nya, nyahh, nea

シャン・ノース歌唱の名人ジョー・ヒーニー(Joe Heaney)はジョーン・バエズ(Joan Baez)にはニャーがないと言った。 こういう話が IRTRAD-L メーリング・リストで出たことがある。では、ニャーとは何か。ポール・カー(Paul Carr)が同リストに投稿して、…

「三月に」をアイルランド語で言うと Marta

「三月」の語 'Márta' を取上げる。こういう月の名前が出てくると、季節を通じて連帯感が生まれる。アイルランド語と他の言語、例えば英語(March)との間に。両者は一見してよく似ている。ラテン語のマールティウス Martius、即ち軍神マールス Mars の月(…

「復活祭」の語源 Domhnach Casca

キリスト教会の暦で「復活の日曜日」(Domhnach Cásca)。イースター・サンデーの語源談義。

The Rough Guide to Irish Music

The Rough Guide to Irish Music (World Music Network, 2005/2013) 近年では最高のアイルランド音楽コンピレーション盤と断言できるアルバム。同名の書物を書いた Geoff Wallis が編んだ CD の新版である(World Music Network から2005年3月14日にリリース…

Willie Clancy and Singing

〔蔵出し記事 20050318〕 「最近の IRTRAD-L(ハリーとジム)」で少し指摘したハリーの論争への復帰の出発点はどこかと探していて、ようやく見つかった。IRTRAD-L の(2005年)3月10日の Chris Brennan の "Willie Clancy and Singing" というポストだ。

名残りの薔薇、その旋律 The Last Rose of Summer

〔蔵出し記事 20050317〕 'The Last Rose of Summer' (庭の千草 〔菊〕)はアイルランド民謡として知られているが、それ以上のことはあまりネットに出てこないのでちょっと書く。

バーン・ダンスとエリザベス・クローニン

ポール&ハリーのアルバム Born for Sport には barn dance が2トラックも入っている。で、この barn dance について少し。

30年以上前に始まった未完の大作漫画

あしべゆうほ『クリスタル・ドラゴン 25』(秋田書店、2007) アイルランド語に興味を抱いたきっかけが漫画『クリスタル・ドラゴン』とする人がいて、どんな作品かと読み始めた。

マルケリンがシャン・ノース・ダンスについて語る

人気のあるダンス講師ミック・マルケリン(Mick Mulkerrin)がシャン・ノース・ダンスについてインタヴューで語った言葉を引用しておこう。

ショーサヴとの約束、のようなもの

〔蔵出し 20050308〕 (2005年)3月6日のシャン・ノース・ダンスのワークショップ終了後、帰り際にショーサヴ・オ・ニャハタンに、また会おう(Feicfidh mé arís thú, a Sheosamh)と声をかけると、思ってもみない言葉を返してきた。

ハリー・ブラッドリーと話しこむ

〔蔵出し記事 20050307〕 いや、そんなつもりじゃなかった。たまたま昨日(2005年3月6日、吹田さんくすホール、ワークショップ)の立食のテーブルで隣合せ、あなたは IRTRAD-L でよく発言するあのハリー・ブラッドリーと同一人物かと水を向けたのだ。そうし…

ショーサヴのステップ

〔蔵出し記事 20050305〕 遂にこの眼でショーサヴ・オ・ニャハタン(Seosamh Ó Neachtain)のステップを見た(大阪、バナナ・ホール〔2005年3月 来日公演案内サイト〕)。目の前およそ3mくらいだったろうか。わずかに3曲くらい踊っただけだったが、ビデオ…